マネックス証券

初心者向けサービスが充実

マネックス証券は株式投資初心者向けのサービスが充実しています。

■オンラインセミナー
マネックス証券は年間約200本に及ぶオンラインセミナーを開催しています。
投資に役立つ市況の解説や、投資テクニックなど内容は多岐に渡ります。
口座開設している方のみが視聴できるものもあれば、口座を開設していない方でも視聴できるセミナーもあり、これから株式取引を始めたい方にとっては嬉しい証券会社です。

■銘柄スカウター
「銘柄スカウター」は日本株の業績を自動で分析してくれるツールです。
過去10年分の通期業績、過去5年分の四半期の業績や利益率をグラフで一目で分かるように表示してくれたり、同業他社の業績を並べて比較してくれたりします。
予想PERや配当利回りなどの推移も一目で分かるようになっていて、時間がかかる企業分析がとても簡単にできるようにしてくれました。
初心者のみならず、ベテラン投資家にも嬉しい最強のツールです。
口座開設していれば、もちろん無料で使うことができます。

■アナリストレポートやメール配信が充実
マネックス証券では口座開設をしているだけで、アナリストレポートを無料で読むことができます。
また、メールサービスが充実していて、朝夕のマーケットの概況や相場観、登録している銘柄のアラートメールなどが届くようになっています。

マネックス証券の手数料は?

■取引毎手数料コース
取引毎手数料コースとは1回の注文ごとに手数料が発生するプランです。
現物株の最低取引手数料は100円(税抜)~となっています。

1注文の約定金額パソコンスマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式 スマートフォン」、
携帯電話(ガラケー)
10万円以下100円100円
10万円超 20万円以下180円180円
20万円超 30万円以下250円250円
30万円超 40万円以下350円350円
40万円超 50万円以下450円450円
50万円超 100万円以下(成行注文)
1,000円

(指値注文)
1,500円

約定金額の0.1%
100万円超(成行注文)
約定金額の0.1%

(指値注文)
約定金額の0.15%

約定金額の0.1%

約定代金が50万円を超えると、パソコンからの注文とスマートフォンからの注文とで手数料が変わってきます。

■一日定額手数料コース
一日定額手数料コースは、その日の約定代金の合計金額に応じて手数料がかかるプランです。

1日の約定金額合計取引手数料
300万円まで1日何回取引しても2,500円
600万円まで1日何回取引しても5,000円
以降、300万円増えるごとに2,500円ずつ増加

 

■信用取引
信用取引手数料は95円(税抜)~、現物とは違いパソコン・スマートフォン(携帯)どちらから注文しても手数料は同じです。

1注文の約定金額パソコン、スマートフォン用アプリ「マネックストレーダー株式 スマートフォン」、携帯電話(ガラケー)共通
10万円以下95円
10万円超20万円以下140円
20万円超50万円以下190円
50万円超100万円以下355円
100万円超150万円以下600円
150万円超200万円以下800円
200万円超一律1,000円

マネックス証券でのデイトレード

■トレードステーション
マネックス証券で口座開設をしていると無料で使うことのできる、デイトレーダー向けの最強ツールが「トレードステーション」です。
チャート表示は複数のチャートと板を同時に表示できるので、画面の切り替え作業をしなくて済みます。
日足データは最長26年分、分足データも最長10年分表示可能。
注文を発注する際は、複数の板注文を同時に表示できます。
その他にも便利な機能が満載な上に、口座開設日の翌営業日から翌々月末まで最大3ヶ月間取引手数料が無料になるキャンペーン中です!

マネックス証券のNISA口座

現在NISA(少額投資非課税制度)口座には、「NISA(一般NISA)」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、マネックス証券ではすべてのNISA口座の取り扱いがあります。

■国内株式の売買手数料無料!
マネックス証券のNISA口座では、国内株式の売買をしても手数料はずっと無料!
米国株・中国株の買付手数料はキャッシュバックされるので実質無料です。

マネックス証券での外国株の取引

マネックス証券では米国株、中国株の取引をすることができます。

■米国株の取扱い銘柄数は他を圧倒!
マネックス証券では3300銘柄以上の米国株を取引することができます。
この取扱数は他のネット証券会社を圧倒しています。
中国株も2000銘柄以上取り扱っていて、香港市場に上場するほぼ全銘柄を取引できます。

■米国株の最低取引手数料は無料!
マネックス証券の米国株の取引手数料は「約定金額×0.45%」ですが、約定代金が1.11米ドル以下の場合は、最低取引手数料が無料になりました。
それまでは、どんなに少額で取引していても5米ドルかかっていたので、とてもお得になりました。
約定代金が1.12米ドル以上の取引の場合は「約定金額×0.45%」の手数料がかかり、手数料の上限は20米ドルです。

マネックス証券のロボアドバイザー

マネックス証券には2種類のロボアドバイザーがあります。

■マネラップ(MSV LIFE)
「マネラップ(MSV LIFE)」は投資一任型と呼ばれるロボアドバイザーで、売買やリバランス(資産配分の見直し)などを全て自動でやってくれます。
いくつかの質問に答えるだけで資産運用計画を作成してくれるので、それに納得すれば申込をするだけであとは自動で資産を運用してくれるのです。

■マネックスアドバイザー
マネックスアドバイザーは、質問に答えるとあなたの資産運用プランに合うポートフォリオを提案してくれるロボアドバイザーです。
アドバイス型と呼ばれるロボアドバイザーで、「マネラップ(MSV LIFE)」の様に自動運用は行ってくれません。
資産に組み込む金融商品によってはリアルタイム売買も可能です。
NISAには対応していません。

マネックス証券のその他のサービス

■IPOは平等抽選
マネックス証券はネット証券の中でも比較的IPOの割り当てが多い証券会社です。
IPOの抽選は証券会社によっては、預り資産の多い人や、過去にIPOに申し込んだ回数が多い人ほど当選しやすくなっていますが、マネックス証券なら申込数や過去の取引実績、預り資産の状況などに関係なくすべての人に平等の確率で抽選が行われます。
ある意味「IPOに当選する確率が高い証券会社」だと言えるでしょう。

■マネックスポイント
実はマネックス証券にもポイント制度があります。その名も「マネックスポイント」。
マネックスポイントは、株の取引や、投資信託の購入・保有に応じて貯まっていきます。
株の売買手数料に1ポイント=1円で充てることができたり、各種ポイント、仮想通貨や書籍などの商品と交換することができます。

■様々なキャンペーン
マネックス証券では様々なキャンペーンを行っています。
その時々によってキャンペーン内容は変わりますが、マネックス証券ユーザーにとってとてもお得な内容になっています。