☆日本初!手数料無料の株取引アプリ☆

↓ここからすぐにインストール↓

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMの詳細はこちら

初心者の為の日経平均株価って何?

日本の代表的な株価指数として、ニュースなどでもよく取り上げられる「日経平均株価」。

日経平均株価とは一体どのようなものなのか?株初心者にも分かりやすく解説していきます。

日経平均株価はどういう意味?

そもそも日経平均株価とはどういう意味なのでしょうか?

日経平均と言うからには、

日本のすべての上場企業の平均的な株価

だと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。

日経平均株価とは、日本経済新聞社が独自の基準で東証1部に上場している企業から選んだ225銘柄の平均株価のことです。「日経225」と呼ばれることもあります

「日経」の由来は、日本経済新聞社から来ているのです。

225銘柄の平均株価とはいっても、それぞれの銘柄の株価は全然違ったり、銘柄を入れ替えると極端な変動が出たりしてしまうので、単純に足して割ってという計算で算出しているわけではありません。

独自の計算方法で算出していますので、興味のある方は下記よりご確認ください。

・日経の指数公式サイト

https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/profile?idx=nk225

・日経平均算出方法

https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/file/nikkei_stock_average_guidebook_jp.pdf

日経平均構成銘柄の定期入れ替えは毎年10月に行われます。その他、倒産や上場廃止などの場合には随時入れ替えが行われます。

日経平均構成銘柄は流動性や、その銘柄がどのセクター(業界・分野)に属しているかなどを考慮して選ばれています。日経平均に採用されると、その銘柄の株価は上昇する傾向にあります。

日経平均株価はどのように株予想に使えるの?

日経平均株価は全上場企業のうち、たった225銘柄から算出される指数です。

ですので、個別の銘柄の株価変動にはあまり関係が無い、と言いたいところではありますがそんなことはありません。

日本の上場企業を代表する225銘柄の株価の動きですから、

日経平均が上昇傾向であれば東証1部や東証2部の主要銘柄も同様に上昇傾向になることが多く、

日経平均が下落傾向であれば同様に主要銘柄は下落しがちです。

もっと細かく見ると、値動きは日によって業種などで違いが出ますが、同じセクターの日経平均構成銘柄と同様の値動きになる確率が高いです

都市銀行が株価を上げれば地方銀行も同じ様な動きになり、総合商社が株価を上げれば専門商社も株価を上げる確率が高く、下げる時も同様です。

新興市場である、マザーズやJASDAQには独自の指数があります。

そのため、新興市場に上場している銘柄は比較的影響を受けにくいといえますが、日経平均につられる場面も度々見られます。日経平均を見れば、大まかな株価予想ができると言っても過言ではありません。

日経平均株価に連動する銘柄と連動しない株の見分け方

ここでは、日経平均株価に連動しやすい銘柄と連動しにくい銘柄の見分け方について説明します。

■日経平均株価に連動しやすい銘柄

・値動きのある日経平均採用銘柄と同セクターの銘柄

⇒同セクターの銘柄は日経平均採用銘柄と同じ値動きになりやすい。

・時価総額の大きい大型株

⇒日経平均採用銘柄の株を運用している機関投資家が、その他の大型株もポートフォリオに組み込んでいることが多いため。

・輸出関連株

⇒最近の日経平均株価に大きな変動が起こる理由は、国内事情というよりは米中の貿易摩擦やイギリスのEU離脱など、海外における経済的懸念もしくは緩和が多く、その場合は輸出関連株の業績に影響が出ることが想像されます。そのため、大手メーカーをはじめとする輸出関連株の株価に影響が出ることが多い。

■日経平均株価に連動しにくい銘柄

・新興市場の銘柄

⇒新興市場にも独自の株価指数があり、そちらの採用銘柄の値動きの影響を受けやすい。ただし、日経平均が大暴落した時などは新興市場もつられるので要注意。

・内需株

⇒日本国内を主なターゲットにしている企業は、日経平均が大きな変動を見せてもその影響が少ない場合が多い。日経平均に大きな影響を与える銘柄は比較的輸出関連株が多く、内需株と輸出関連株は反対の値動きをすることが多いため。

日経平均株価はどのようにして知ることができるの?

 

日経平均株価は様々なところで知ることができます。

TVやラジオの経済ニュースで知ることもできますし、新聞の経済面にも前日の日経平均終値が出ています。

しかし、気軽に日経平均株価を知ろうと思ったら、やはりインターネットが一番便利です。

ここでは、日経平均株価を知ることができるネット上の株情報サービスを紹介します。

■証券会社の取引ツール

株式取引をする際に使用する、証券会社の取引ツールや取引アプリで日経平均株価をリアルタイムで見ることができます。

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンスでは、20分遅れの日経平均株価を確認することができます。

■日本経済新聞 電子版

日本経済新聞電子版でも20分遅れの日経平均株価を確認することができます。

株探(かぶたん)

20分遅れの日経平均株価を確認することができます。

みんなの株式(みんかぶ)

20分遅れの日経平均株価を確認することができます。

初心者の為の日経平均株価って何?まとめ

この記事では日経平均株価について解説してきました。

日経平均は全上場企業約4000社のうち、東証1部に上場している銘柄からたったの225銘柄を選び算出されている指数ですが、投資家に与える影響はとても大きい指数だといえます。

投資家が投資判断をする際にも、日経平均が上昇している時には強気で買い、下落している際には売り、というように判断基準の一つにもなっている指標です。

東京証券取引所が算出する「東証株価指数(TOPIX)」と並ぶ日本を代表する株価指数でもあり、株取引をするのであれば常にチェックしておきたい指数です。

おすすめの記事