☆日本初!手数料無料の株取引アプリ☆

↓ここからすぐにインストール↓

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMの詳細はこちら

ピンタレストの株は日本でも買えるの?買い方とは

株式はじめ
ピンタレストが上場したってニュースでみたんだけど

にゃんこ先生
ピンタレストの株について説明するにゃ

ピンタレストとは?

そもそもピンタレストとはどのようなサービスなのかということから説明します。

ピンタレスト(Pinterest)とは、自分専用のWEB上のコルクボードに自分の好きな写真や画像をピン止めして、それをシェアできるサービスです。

ネットで色々とサイトやニュースを見ている時に、気に入った写真があったら「ピンする(ピンタレストに写真や画像、動画を保存すること)」ことで楽しむサービスなのです。

ピンした画像や写真を他人に共有することもできますし、他人の画像や写真を気に入ったら自分のボードにピンすることもできます。(この行為を「リピン」と呼びます)

ボードはジャンルを分けていくつも作ることができます。また、ピンタレストでは、他人のアカウントとボードをフォローすることができます。

画像共有サービスというと「インスタグラム」も有名ですが、インスタグラムとピンタレストの違いとしては、インスタグラムは自分で撮影、加工した写真を投稿するのがメインですが、ピンタレストはインターネット上で見つけた画像をピンするのがメインの使い方なのです。

ピンタレストは20103月にクローズドβとしてスタートし、次の段階として招待のみのオープンβとして運営していました。

2011年3月にiPhone用アプリを公開。

その後ユーザー数を順調に増やしていき、20121月にユーザー数が1000万人を超えた時には、今までにユーザー数1000万人を超えたサービスの中では最速のペースだと報じられました。

20189月時点での月間アクティブユーザー数は全世界で約25000万人、そのうち女性ユーザーが約8割を占めるというサービスになっています。

2019年4月18日にはニューヨーク証券取引所に上場し、晴れて上場企業となりました。

ピンタレストの株のチャートについて

ピンタレストの公開価格は19ドルでしたが、初値は23.75ドルを付け、公開価格を25%上回りました。

2019430日に高値35.29ドルを付けましたが、20195月下旬は25ドル近辺をウロウロしています。

Yahoo!ファイナンスのチャート

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/PINS

ピンタレストの株を購入できる証券会社は?

 ピンタレストはニューヨーク証券取引所に上場していますが、日本の証券会社からでも購入することは可能です。

ただし、米国株の取扱いのある証券会社に限られます。

ここでは、ピンタレストの株を購入することができる、米国株を取り扱っている当サイトおすすめの証券会社を紹介します。

まだ証券口座をお持ちでない方は、下記リンクから口座開設をしてピンタレスト株を購入してください。

多くの証券会社で米国株を取り扱っていますが、ここでは当サイト編集部がおススメするネット証券3社を紹介します。

 

楽天証券

楽天証券

取扱い銘柄数:約2000銘柄

手数料(税別):約定代金の0.45%(最低手数料無料~上限20米ドル)

※売却時のみ、上記国内取引手数料のほか、以下の現地取引費用(SEC Fee)が必要。約定代金1米ドルにつき、0.0000207米ドル

為替手数料(スプレッド):25銭

決済通貨:米ドル・円

米国株取引で支払った手数料の1%分が楽天スーパーポイントとして返ってくる!

貯めた楽天スーパーポイントで現金を使わずに投資信託を購入できる!

楽天証券についてもっと詳しく


SBI証券

取扱い銘柄数:約2100銘柄

手数料(税別):約定代金の0.45%(最低手数料無料~上限20米ドル)

※売却時のみ、上記国内取引手数料のほか、以下の現地取引費用(SEC Fee)が必要。約定代金1米ドルにつき、0.0000207米ドル

為替手数料(スプレッド):25銭

決済通貨:米ドル・円

SBI証券についてもっと詳しく


マネックス証券

取扱い銘柄数が最も多い。

取扱い銘柄数:約3400銘柄

手数料(税別):約定代金の0.45%(最低手数料無料~上限20米ドル)

※売却時のみ、上記国内取引手数料のほか、以下の現地取引費用(SEC Fee)が必要。約定代金1米ドルにつき、0.0000207米ドル

為替手数料(スプレッド):25銭(2020年1月7日までは買付時為替手数料無料)

決済通貨:米ドル・円 売却時は米ドルで受取り

マネックス証券についてもっと詳しく

 

ここに挙げた

楽天証券・SBI証券・マネックス証券

この3社は最低取引手数料が無料と圧倒的に安くおすすめです。

楽天証券にはとてもお得なポイント制度があり、取引をするだけで手数料の1%がポイントバックされます。(超割コースの場合)

また、貯めたポイントを買い物だけではなく投資にも使うことができるのです。

貯めたポイントで投資信託を購入することができるので、1度で2度おいしい証券会社だと言えるでしょう。

SBI証券には米国株は関係ありませんが、IPOに申込をし続けると理論上いつかは必ず当選する

「IPOチャレンジポイント」

というポイントを貯めることができます。

株式投資で勝てる確率を高められる証券会社と言っても過言ではありません。

マネックス証券は米国株の取扱い銘柄数が最多ということで、米国株に積極的に投資をしていきたい人にはおすすめです。

証券会社を選ぶ際には、長期的な視点に立ってどのようなメリットを享受できるかを考えて選ぶといいでしょう。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

ピンタレスト株の基本情報

■企業名:Pinterest, Inc.

■ティッカーシンボル(日本の銘柄コードにあたる):PINS

■上場市場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

ピンタレストの関連銘柄について

 

ここでは、日本におけるピンタレストの関連銘柄を紹介します。

■楽天株式会社

まず1社目は楽天株式会社です。

楽天は2012年に第三者割当を受け、ピンタレストに出資しています。

 

■株式会社電通

2社目は電通です。

電通は2014年に日本法人であるピンタレスト・ジャパンと日本における戦略的パートナーとしての業務提携契約を締結しています。

リリースによると、「電通はピンタレストの戦略的パートナーとして同社の事業拡大に向けた日本市場インサイトおよび戦略に関するコンサルティングを行うとともに、日本における「Pinterest」の活性化に向けた啓発活動やPR活動を支援する。

また電通は、広告主や媒体社に対して「Pinterest」を活用した戦略的なマーケティング活動を提案していくとともに、「Pinterest」利用者に対して新たなコミュニケーションの創造と価値の提供を行う。」とされています。

 現在この2社が日本におけるピンタレストの関連銘柄といえるでしょう。

実際にピンタレストが上場初日に公開価格を大きく上回る終値を付けた、その日の日本市場では、楽天が保有する株式の評価益が拡大するとの見方が広がり、楽天の株価が上昇しました。

ピンタレストの株は日本でも買えるの?買い方とはまとめ

ピンタレストの上場は、アメリカ市場の2019年前半の目玉IPOの一つでした。

日本からは、米国株の取扱いのある証券会社から購入することができますので、まだ証券口座を持っていない方は上で紹介している証券会社の口座を開設してみるといいでしょう。

米国株は日本株と違い、1単元1株から購入が可能ですので、日本株に比べると小資金での投資が可能です。

(日本株は1単元100株がスタンダード)

これを機会に米国株にも投資をしてみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめの記事