ランキングバナー

ロボアドバイザーにはどのような種類があるの?

 ここ数年、「ロボアドバイザー」と呼ばれるAI(人工知能)が投資家に最適なアドバイスをしてくれるサービスが続々登場し、利用者も劇的に増えてきています。

 

このロボアドバイザーですが、一口にロボアドバイザーとは言っても大きく分けて2つの種類があります。

 

1つ目は、「アドバイス型」と呼ばれるロボアドバイザーです。

 

これは、いくつかの質問に答えたり、条件を入力するだけで、数多くある金融商品からその人に合った商品(ポートフォリオ)を提案してくれるサービスです。売買等の資産運用自体は投資家自身で行います。

 

2つ目は「投資一任型」と呼ばれるロボアドバイザーです。

 

これは、いくつかの質問に答えたり条件を入力して、ポートフォリオの提案を受けるところまではアドバイス型と一緒ですが、その後の資産配分の見直し(リバランス)や売買などの資産運用を全てお任せするタイプのロボアドバイザーです。極端な話、口座開設をしていくつかの質問に答えて入金してしまえば、あとは放っておいても勝手にロボアドバイザーが資産運用をしてくれるのです。

 

投資において、個人の感情というのは売買タイミングに大きく影響します。

 

もっと株価が上がるだろうと思って売らずにいたら、その直後に株価が下がり、含み益が含み損になってしまう、というようなことは多々あることです。

 

ロボアドバイザーに任せておけば、このような人間に依存するリスクが排除されるため、「投資一任型」のロボアドバイザーの利用者数が急激に増えてきているのです。

ロボアドバイザーと投資信託の違いは何?

 

ロボアドバイザーと投資信託の違いがよく分からない、という話をよく耳にすることがあります。

 

ここでは、投資一任型のロボアドバイザーと投資信託の違いについて説明します。まず、投資信託とは何かということから説明します。

 

投資信託とは、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、資産運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」です。

 

運用方針はその投資信託によって異なります。上場している投資信託(ETF)もあります。

 

上記を踏まえた上で、投資一任型のロボアドバイザーで質問に答えてポートフォリオの提案を受けるとその違いが分かります。

 

ロボアドバイザーが提案してくるポートフォリオの中に、実は投資信託が含まれているのです。 

 

投資信託も投資一任型のロボアドバイザーも投資家が専門家(もしくは人口知能)に資産運用を任せるという商品特性は同じですが、投資一任型のロボアドバイザーは主にETF(上場投資信託)を中心としたポートフォリオを組んでいるのです。

 

さらに言えば、投資信託の場合は自分で売買して利益確定・損失確定する必要がありますが、投資一任型のロボアドバイザーは投資信託の売買も自動で行います。アドバイス型のロボアドバイザーでポートフォリオの提案を受けても、同様に投資信託が組み込まれています。

 

結論としては、ロボアドバイザーのポートフォリオの中には投資信託が含まれるということで、結果的には投資信託を運用するという意味では違いという程の大きな違いはありません。

 

しかし、NISA口座に対応しているか対応していないかなどの違いもありますので、主な違いを比較してみます。

投資一任型ロボアドバイザー   投資信託
投資難易度 易しい 中級者向き
個別診断 ×
リバランス(資産配分の見直し)
最低投資額 1万円~ 100円~
自動積立
手数料の分かりやすさ ×
購入手数料 無料 0~3%程度
運用手数料 1%前後 0.123%程度
解約手数料 無料 0%~2%程度
完全放置が可能か ×
元本保証 × × 
管理のしやすさ  
NISA   非対応   対応
種類 少ない 多い

 

投資信託の種類は数千種類あります。そのため、自分の運用方針に合った投資信託を見つけるのは容易ではありません

投資信託に投資をしたいという方も、明確に「この投資信託に投資をしたい」というものがなければ、ロボアドバイザーに投資をした方が効率的だと言えます。

ロボアドバイザーと投資信託の手数料はどう違うの?

ロボアドバイザーも投資信託も手数料はかかります。

まずは、ロボアドバイザーの代表格である、「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO(テオ)」の手数料を見ていきましょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)
WealthNavi ロボアドバイザー 口座申込

・手数料:
預かり資産3000万円まで 年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)

・入金:
クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 お客様負担

・出金:出金手数料 無料

・取引:
売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料

・口座開設:無料

THEO(テオ)

THEO(テオ)+ docomo ロボアドバイザー口座開設

・手数料:
預かり資産3000万円まで 年率0.65%1.0%(税別)
3000
万円を超える部分 年率0.5%(税別)

 

・入金:
クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 お客様負担

 

・出金:出金手数料 無料

 

・取引:
売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料

 

・口座開設:無料

 

「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO(テオ)」は、資産総額に応じて年率がかかりますが、売買手数料などは一切かかりません。

 

ある意味明朗会計だと言えます。

 

一方投資信託にはどのような手数料がかかるのか、見ていきましょう。

 

購入手数料

 

投資信託を購入する際に、証券会社や銀行などの販売会社に購入手数料を払う場合があります。

購入金額の1%3%(+消費税)かかるのが一般的です。

購入手数料が無料の「ノーロード投資信託」も最近増えてきています。

信託報酬(運用管理費用)

簡単に言うと投資信託の利用料の様なもので、ロボアドバイザーの手数料もこれに当たります。

投資信託の種類や販売会社によって異なりますが、0.5%2%(+消費税)程度が一般的な信託報酬額です。

例えば、投資金額が100万円で、信託報酬が1.5%(税込で1.62%)の投資信託を買う場合、信託報酬は年間で100万円×1.62%=16,200円になります。