☆日本初!手数料無料の株取引アプリ☆

↓ここからすぐにインストール↓

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMの詳細はこちら

超初心者向け!フロッギー(FROGGY)をわかりやすく解説

株式はじめ
フロッギー(FROGGY)って何?

にゃんこ先生
フロッギーは株の初心者にはすごくおススメのツールにゃ

フロッギー(FROGGY)とは何か?

フロッギー(FROGGY)とは、SMBC日興証券が運営する「情報メディア」と「株式投資口座」が一体化したサービスです。

もう少し詳しく説明すると、フロッギー(FROGGY)のサイトには投資に役立つニュースや記事が配信されています。

記事を書いているのは、企業の代表取締役、著名な個人投資家、各ジャンルで活躍している人物、金融・経済ライター、FROGGY編集者などで、TVでもおなじみの個人投資家「桐谷さん」も連載を持っている一人です。
運営元がSMBC日興証券だけあって、豪華なメンバーが記事を書いています。

そして、一番の特徴とも言えるのは、記事の中にはそのまま株を買える記事があるということです。
例えば、実際にある記事を例に挙げると、「世界最後のフロンティア市場、アフリカ関連に注目」という、アフリカに関する記事があります。
この記事ではアフリカの消費マーケットや、アフリカでビジネスに取り組む日本企業が紹介されています。
記事を読んでいって、紹介されている企業に興味を持ち、「この企業に投資をしてみたい」と思ったら、この記事からそのままその企業の株を買えるのです。

通常なら証券会社の取引アプリやサイトを立ち上げて、それから注文を出さなければいけませんが、そのまま買えるというのはとても便利ですよね。

さらに、フロッギー(FROGGY)では金額指定で500円から株を買うことができ、買付手数料も100万円以下なら無料です。

通常の単元株数では数万円~数十万円必要になり、ユニクロを展開するファーストリテイリングの様な値がさ株だと数百万円必要な場合もあります。
普通なら買いたくてもなかなか手が出ないような株でも、フロッギー(FROGGY)からなら株主になることができるのです。

フロッギー(FROGGY)のメリットはこれ

では、フロッギー(FROGGY)を利用することのメリットとはどのようなものなのでしょうか?
ここからは、個人投資家が一番気になるメリットについて説明していきます。
後で説明するデメリットと合わせて、参考にしてみてください。

フロッギー(FROGGY)のメリット

1、投資の勉強をしながら株が買える
すでに説明したように、フロッギー(FROGGY)には投資に役立つニュースや記事が配信されていて、その中には記事に紹介されている銘柄をそのまま購入できるものがあります。
ただ株を買うだけではなく、ニュースや投資コンテンツで知識を増やしながら投資を行うことができるのです。

2、500円からの少額投資ができる
通常の株取引では「単元株数」で取引をするため、100株からの購入ということになります。
仮に株価が1,000円だとすると、その銘柄を購入するには最低でも100,000円が必要ということになります。
10万円だとなかなか手が出せない株でも、500円なら買いやすいのではないでしょうか。
500円単位の金額指定で購入できるので、投資未経験者でも株式投資を気軽に始めることができます。
また、すでに投資はしているけれども、単元株数では高くて手を出せなかった銘柄を買いたいという方にも便利なサービスです。

3、買付時手数料が100万円まで無料
通常株式を購入する際には手数料がかかりますが、フロッギー(FROGGY)では1回の取引金額100万までは手数料が無料です。
特に少額取引の場合、多くの証券会社では取引金額に対して手数料が割高になってしまいがちですが、フロッギー(FROGGY)ではそのようなことはありません。

4、単元株数に満たなくても配当金がもらえる
フロッギー(FROGGY)で株を買って、もし保有株数が単元株数に満たなくても保有株数に応じて配当金をもらうことができます
配当金をもらうためには、「権利確定日」に株を保有していることが条件になります。
そのためには、「権利付き最終日」(権利確定日から起算して3営業日前)までに取引をしておくことが必要なので、覚えておきましょう。

5、SMBC日興証券の口座と一括管理できる
フロッギー(FROGGY)は、SMBC日興証券と一括管理できます。
すでにSMBC日興証券の口座を持っている場合には、フロッギー(FROGGY)での口座開設は不要です。
日興イージートレードで契約している支店コード、口座番号、パスワードですぐにフロッギー(FROGGY)を利用可能なのです。
最初はフロッギー(FROGGY)で少額取引を、慣れてきたらSMBC日興証券で単元株取引をするといった使い方ができるのです。

フロッギー(FROGGY)のデメリットはこれ

それでは、ここからはフロッギー(FROGGY)のデメリットについて説明していきます。

■フロッギー(FROGGY)のデメリット

1、購入価格はVWAP(売買高加重平均価格)取引なので最安値で買えない

通常の株取引では、市場が開いている間に株価は常に変動しています。
そして、投資家は株価の動きを見ながら買いたい金額で注文を出します。
しかし、フロッギー(FROGGY)ではVWAP(売買高加重平均価格)取引を採用しています。
これは簡単に説明すると、その銘柄の午前と午後の平均取引価格を算出して、その平均株価で売買を行うというものです。
そのため、その日の最安値やそれに準ずる価格帯での購入はできないのです。

2、売却手数料はやや高め

フロッギー(FROGGY)では買付時手数料は無料ですが、売却時には1回の取引金額が100万円以下なら0.5%、100万円超なら1%かかります。
これは、1,000円なら手数料5円、10,000円なら手数料50円と安いのですが、もし10万円の取引をすると手数料500円と、代表的なネット証券と比べてもやや割高になってしまいます。
とはいえ、少額づつの取引であればあまり気にならない水準です。

3、単元株数まで買わないと株主優待はもらえない

フロッギー(FROGGY)では500円から投資ができますが、保有数が単元株数未満だと株主優待を受けることはできません。
株主優待を受けるためには、その銘柄の優待がもらえる基準の株数以上持っている必要がありますが、最低でも単元株数以上は必要になるのです。

フロッギー(FROGGY)の手数料について

ここではあらためて、フロッギー(FROGGY)の手数料を紹介します。

買付時手数料

概算注文金額買付時手数料
100万円以下0%(無料)
100万円超1.0%

1回の注文金額が100万円以下の場合、手数料は無料です
1回の注文金額が100万円を超えると、手数料は1%かかります。
例えば、注文金額が200万円の場合、手数料は2万円(200万円×1%)です。

売却時手数料

概算注文金額売却時手数料
100万円以下0.5%
100万円超1.0%

売却時には、1回の注文金額が100万円以下でも0.5%の手数料がかかります。
1回の注文金額が100万円を超える場合には、手数料は1%かかります。

買付時・売却時共に、金額が大きくなると他のネット証券と比べても手数料は割高になります。
このことからも、フロッギー(FROGGY)は少額投資に向いているサービスと言えるでしょう。

フロッギー(FROGGY)の口座開設の仕方

フロッギー(FROGGY)の記事から株を購入するためには、SMBC日興証券で口座開設する必要があります。

口座開設の方法は以下の3つです。
1、書類を印刷して郵送
2、スマホアプリから申し込む
3、資料請求して申し込む

SMBC日興証券のホームページでお客様情報を入力して、申込書を印刷して郵送すると、最短5日で口座番号と仮パスワードが発行されます。

スマホアプリの場合は、お客様情報を入力して身分証明書などを撮影してアップロードすると、口座番号と仮パスワードが発行されます。
この方法が一番簡単で、尚且つ早く終わります。

資料請求はお客様情報を入力すると資料が送られてくるので、必要事項を記載して返送すると口座番号と仮パスワードが発行されます。

スマートフォンを使っている場合は、スマホアプリからの口座開設がおすすめです。

口座開設に必要な書類は、マイナンバーが記載されている書類(マイナンバーカード、通知カード、住民票)と本人確認書類(免許証や健康保険証など)です。
取引金融機関の口座番号も必要です。

フロッギー(FROGGY)のキャンペーンについて

フロッギー(FROGGY)では随時キャンペーンを行っています。

少額投資でも十分得することができるキャンペーンを行っているので、フロッギー(FROGGY)をこれから利用しようとしている方、すでに使っている方も要注目です。

過去には以下の様なキャンペーンを行っていました。

・投資金額全額プレゼントキャンペーン
これは、抽選で100人に購入金額相当の現金(最大10,000円まで)をプレゼントするキャンペーンでした。

・FROGGYでさあ、取引を始めようキャンペーン!
500円以上の取引をすると、抽選で100人に最大10万円相当の豪華景品が当たり、しかも新規で口座開設をして取引をした人は当選確率が3倍にUPするというキャンペーンでした。
さらに上記で外れた人の中から抽選で50人に、現金1万円をプレゼントするというキャンペーンも同時に行っていました。

今後もフロッギー(FROGGY)利用者にとって、お得なキャンペーンが開催されていくことでしょう。

おすすめの記事