初心者にもわかる!三光マーケティングフーズの株主優待が改悪!?

株式はじめ
昨日金の蔵で飲んで二日酔いだよ。。。

にゃんこ先生
じゃあ、お得に行けるように株主優待があるから教えてあげるにゃ

株式会社三光マーケティングフーズは大手外食チェーンです。

「東方見聞録」「金の蔵」「月の雫」「バリバリ鶏」「東京チカラめし」など、多数のブランドを展開しています

創業は1975年、神田のガード下に創業者の平林実が定食屋「三光亭」を開業しました。この「三光亭」が現在の社名の由来ともなっています。

その後1977年に有限会社三光フーズを設立、1983年に株式会社に改組しました。現在の社名になったのは2002年のことです。

株式市場には、20033月にジャスダック上場。20049月に東証2部に上場しました。現在も東証2部に上場しており、証券コードは「2762」です。

ここからは、三光マーケティングフーズについて、株主優待を中心に紹介していきます。

三光マーケティングフーズの株主優待は2018年に変更された

三光マーケティングフーズは毎年株主優待を実施していますが、2018810日に優待内容を従来より変更するというリリースが出されました。

これが、投資家の間では改悪ではないかと話題になりました

従来の株主優待内容は、「100株以上保有の株主」に対して、「系列店舗で利用できる株主優待券(1000円分)※もしくはお米にも交換可能」を保有株式数に応じて年2回贈呈するというものでした。

↓以前の株主優待内容↓

・権利確定月:6月末・12月末

・優待内容:系列店舗で利用できる株主優待券 ※優待券を返送すると精米と交換可能

・優待対象者:

100株以上 株主優待券(1000円分×3枚) ※優待券を返送すると精米(1kg)と交換可

200株以上 株主優待券(1000円分×6枚) ※優待券を返送すると精米(3kg)と交換可

500株以上  株主優待券(1000円分×12枚)※優待券を返送すると精米(5kg)と交換可

 これが、変更後は新たに継続保有期間による優遇制度が設けられ、優待内容も変更になりました

新たに導入される「株主割引券」には、「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」の5段階のランクがあり、保有株数と保有期間によって最低30%~最大55%の割引率が適用されます

↓変更後の株主優待内容↓

・権利確定月:6月末・12月末

・優待内容:有効期限(6ヶ月間)内に6回までご利用可能な割引券

・優待対象者:

 

100株以上 保有期間0.5年以上1.5年未満【ブロンズ】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

 うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木35%割引、金・土・祝前日30%割引

 ロンズの株主割引券は、精米1kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー2食分と交換可能

保有期間1.5年以上3年未満【シルバー】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木40%割引、金・土・祝前日35%割引

 シルバーの株主割引券は、精米2kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー5食分と交換可能

保有期間3年以上【ゴールド】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木45%割引、金・土・祝前日40%割引

  ゴールドの株主割引券は、精米3kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー10食分と交換可能

200株以上 保有期間0.5年以上1.5年未満【シルバー】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木40%割引、金・土・祝前日35%割引

  シルバーの株主割引券は、精米2kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー5食分と交換可能

保有期間1.5年以上3年未満【ゴールド】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

 うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木45%割引、金・土・祝前日40%割引

 ゴールドの株主割引券は、精米3kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー10食分と交換可能

保有期間3年以上【プラチナ】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木50%割引、金・土・祝前日45%割引

プラチナの株主割引券は、精米4kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー15食分と交換可能 

500株以上 保有期間0.5年以上1.5年未満【ゴールド】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木45%割引、金・土・祝前日40%割引

ゴールドの株主割引券は、精米3kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー10食分と交換可能

保有期間1.5年以上3年未満【プラチナ】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木50%割引、金・土・祝前日45%割引

 プラチナの株主割引券は、精米4kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー15食分と交換可能

保有期間3年以上【ダイヤモンド】

うどん店やその他店舗のランチ利用:100円割引

うどん店以外の店舗でのディナー利用:日~木55%割引、金・土・祝前日50%割引

 ダイヤモンドの株主割引券は、精米5kgもしくは「東京チカラめし」謹製カレー20食分と交換可能 

※ランチの時間帯は「ランチメニューの提供時間帯」とし、それ以外の時間帯についてはディナー時間帯となる。   

 ※他割引券との併用は不可。

 ※「東京チカラめし」では利用できない。

 1会計につき1枚の利用となり、割引上限は1万円。

 ※使用回数は有効期限(6ヵ月)内に6回まで。

上記が変更後の株主優待内容になっていますが、6ヶ月以上保有していないと優待対象にならない点や、ランチ利用時にはあまりメリットが無い点、優待内容が分かりづらくなっていることなどから、以前の優待内容の方が良かった・改悪ではないかという声が上がりました。

三光マーケティングフーズの株価推移と業績悪化について

三光マーケティングフーズの2015年からの株価の動きを見ると、20151月には約900円の株価でした。その後900円前後のボックス相場から徐々に値を切り上げていき、20184月~6月には株価1,000円を超える水準で取引をされていました。

しかし、その後20188月に株価は大幅に下落します。

990円程度だった株価は、1ヶ月で650円程度まで下落しました。その後も下落をし続け、201812月には株価400円を切る水準にまでなりました。

2019年に入ると株価は400円前後で落ち着き、201910月時点でも株価は400円前後のボックス相場になっています。

では、なぜ20188月から大幅な下落をし始めたのでしょうか?

答えは業績の悪化です。

2018810日に、20186月期通期決算発表があったのですが、大幅な下方修正が出されました。

従来から営業利益4億円の赤字、経常利益32000万円の赤字、純利益9億円の赤字予想だったのですが、実際には営業利益49300万円の赤字、経常利益42400万円の赤字、純利益は165600万円の赤字と従来予想より大幅な赤字となりました。

この業績悪化が嫌気されて、株価は大幅に下落を始めたのです。その後の20196月期も、四半期ごとに発表される決算発表では赤字が拡大。

20196月期通期決算は、売上高107億(前期比-14.7%)、営業利益99500万円の赤字、経常利益97500万円の赤字、純利益156900万円の赤字となり、業績は悪化しました. 株価が上昇する余地はありませんでした.

参考までに、20166月期以降の決算内容を記載しておきます。
※単位(百万円)

決算期売上高営業益経常益最終益
2016.06 13,745268324 294
2017.06 13,436 2342-298
2018.0612,464 -493 -424-1,656
2019.06  10,701-995 -975-1,569
2020.0611,000 4545 10

     

三光マーケティングフーズの株価の今後の展望

 三光マーケティングフーズはすでに述べたように、ここ数年業績が芳しくありません。

2020年6月期は黒字予想とはいえ、微々たる金額で何かが起きればすぐに赤字になってしまうような水準です。

2019823日には、東証1部に上場する食品加工会社「エスフーズ株式会社」と資本提携することを発表しました。

エスフーズは主力商品である「こてっちゃん」が有名ですが、食肉の仕入れに関して協力体制を構築することが目的だということです。

 この発表を受けて、翌営業日である826日に株価は一時10%以上上昇し、年初来高値440円を付けましたが、翌日には元の株価水準に戻ってしまいました。

これは、市場の信頼を取り戻せていないことの表れです。現在のところ株価が上昇する要素が見当たらないというのが事実です。

 すぐに大きく株価が動くことは無いと考えています。株価の上昇は、これから四半期ごとに発表される決算で、業績が回復してくるかどうかにかかっています。

今後の決算発表や、資本提携・業務提携などに注目しましょう。

三光マーケティングフーズの株を購入するのにおすすめの証券会社

 ここでは、三光マーケティングフーズの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

☆おすすめ証券会社☆

■楽天証券
楽天証券

おすすめポイント

・トレードするだけで楽天ポイントがどんどん貯まる

・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!

・楽天会員なら30秒で口座開設完了

※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます

楽天証券についてもっと詳しく


 

■SBI証券

おすすめポイント

・ネット証券口座開設数NO.1

・「オリコン顧客満足度ランキング」で年連続13度目の1位を獲得!

・いつかIPO銘柄が当選するかも!?「IPOチャレンジポイント」

SBI証券についてもっと詳しく


■マネックス証券


おすすめポイント

投資初心者向けのサポートが充実!無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!

・IPOは完全平等抽選!IPO取扱数は主要ネット証券第2位なので当選のチャンスが広がります。

・NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料!

米国株取扱数は他社を引き離して圧倒的NO,1!米国株に投資をしたいならマネックス!
※取扱数は3000銘柄以上

マネックス証券についてもっと詳しく



■DMM 株

おすすめポイント

・口座開設すると1ヶ月間取引手数料無料!

・口座開設すると抽選で2,000円キャッシュバック ※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名

・取引手数料の1%が「DMM株ポイント」として貯まる。貯めたポイントは現金に交換可能

・信用取引なら値がさ株でも超お得な手数料!売買金額300円以下なら手数料86円(税込)!300万円超なら無料!

DMM 株についてもっと詳しく



■松井証券

おすすめポイント

・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が10万円まで手数料が無料

・さらに、信用取引口座を開設すると、開設後6か月間は約定代金30万円までが手数料無料!

 

銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。

松井証券についてもっと詳しく


初心者にもわかる!三光マーケティングフーズの株主優待が改悪!?まとめ

 ここまで、三光マーケティングフーズの株主優待や業績について詳しく解説してきました。

三光マーケティングフーズのここ数年の業績は良くなく、株価は低迷しています。株主優待も行ってはいますが、6ヶ月以上保有していないと対象にはなりません。

短期投資の方には向きませんが、長期保有すればするほど優待内容が充実する内容になっているので、中長期保有前提で投資をする方には良いのではないでしょうか。

株価は低迷していますが、反対に考えると業績を見てもすでにこれ以上ないくらい低迷しているので、業績の回復を信じて長期保有をするというのであれば、もしかしたら買い時かもしれません。

現在の会社の状況を鑑みると決しておすすめはしませんが、系列店によく行くという方であれば株主優待目的の投資対象として検討するのもアリでしょう。

おすすめの記事