コーセーの株主優待はお得!?今後の株価の見通しは?

株式会社コーセーは日本の大手化粧品メーカーです。

様々なブランドを展開していて、代表的なブランドとしては「雪肌精(せっきせい)」や「ONE BY KOSÉ」「エスプリーク」などがあります。

売上高では、資生堂、花王に次いで業界3位で、1960年代後半から中国、香港、韓国などのアジア市場への参入を積極的に進めてきました。

株式市場には、1999年に株式を店頭登録。

2000124日に東証1部に上場しました。この記事では、コーセーの株について株主優待を中心に紹介していきます。

コーセーの株主優待の内容

株式会社コーセーは株主優待を実施していて、権利確定日(権利付日)と優待内容は以下のようになっています。

コーセー株主優待内容

・権利確定月:3月末

・優待内容:自社製品数種類から選択

・優待対象者:

100株以上

3年未満:4,0006,000円相当

    3年以上:7,0009,000円相当

1,000株以上

3年未満:13,00015,000円相当

  3年以上:18,00020,000円相当

ちなみに、配当も行っていて、2019年3月期は1株あたり年間180円(中間配当85円・期末配当95円)の配当でした。

20203月期は1株あたり190円の年間配当(中間配当95円・期末配当95円)を予想しています。

コーセーの株主優待を得る方法と最低資金

コーセーの株主優待をもらうために必要なことは、株主優待の「権利付き日」にコーセーの株を100株以上持っているということだけです。

コーセーの株主優待を受けられる基準日は、毎年3月末日です。

株は約定してから、約定日から起算して3営業日目に受け渡しとなります。(言い方を変えると、2営業日後)

株主優待を受けるためには、3月末日にコーセーの株を持っている必要があるため、3月末日の2営業日前までに約定している必要があります。

2020年3月期の場合は、3月31日(火)に受け渡しが終わっている必要があるため、株主優待を受けるためには、3月27日(金)までにコーセー株を約定している必要があるということです。

この時、一つ注意することがあります。

株主優待を受けるためには現物で株を持っている必要があるため、必ず現物取引をしてください。信用で株を買っていても、株主優待を受けられないので要注意です。権利付き日に株を持っていればいいので、その翌日(権利落ち日)に株を売っても株主優待を受けることは可能です。

次に、コーセーの株主優待を受けるために必要な最低資金について解説します。

株価は毎日変動するので、その日によって必要な資金は変わります。

もし仮に、2019129日にコーセー株を購入して、そのまま20203月末まで株を持っていたと仮定すると、下記の資金が必要になります。

2019129日時点の終値

・17,000円

単元株数は100株なので、「1,700,000円」が必要になるということです。

最低資金が100万円を遙かに超える金額なので、コーセーの株は値がさ株(1単元当たりの株価の水準が高い銘柄)ですね。

コーセーの株価は今後どうなるのか?

ここ数年、コーセーの業績は好調で、右肩上がりで推移してします。

決算期 売上高営業益 経常益最終益
2016.03243,39034,63434,56618,655
2017.03 266,76239,16039,564 21,657
2018.03303,39948,408 48,508  30,611
2019.03 332,995 52,408 53,976  37,004
2020.03352,000 54,00054,700 37,100

(単位:百万円)

株価の動きで見ると、2016年1月には11,000円程度で、そこから約1年は株価10,000円を割る水準で推移しました

その後20175月くらいから株価は上昇を始め、1年後の20186月には高値26,000円を付けます。そこから株価は下落を始め、2018年末の市況の悪さもあり、20191月には株価は14,000円を割る水準まで下がりました。

しかし、そこからすぐに株価はまた上昇を始めて、20194月には再び株価20,000円を超えます。

20195月以降は株価15,000円~19,000円の間を推移しています。

短期的に大きく株価が動くので、少し東証1部らしくない動きを見せています。

201912月現在、チャート的には調整中の局面ではありますが、PERも同業他社に比べて高いわけではありません。

短期的には調整局面ですが、よほどの下方修正などが起きなければ、業績に裏打ちされて中長期的には株価は上昇していくと考えます

コーセーの株を購入できる証券会社

 ここでは、コーセーの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

☆おすすめ証券会社☆

■楽天証券
楽天証券

おすすめポイント

・トレードするだけで楽天ポイントがどんどん貯まる

・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!

・楽天会員なら30秒で口座開設完了

※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます

楽天証券についてもっと詳しく


 

■SBI証券

おすすめポイント

・ネット証券口座開設数NO.1

・「オリコン顧客満足度ランキング」で年連続13度目の1位を獲得!

・いつかIPO銘柄が当選するかも!?「IPOチャレンジポイント」

SBI証券についてもっと詳しく


■マネックス証券


おすすめポイント

投資初心者向けのサポートが充実!無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!

・IPOは完全平等抽選!IPO取扱数は主要ネット証券第2位なので当選のチャンスが広がります。

・NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料!

米国株取扱数は他社を引き離して圧倒的NO,1!米国株に投資をしたいならマネックス!
※取扱数は3000銘柄以上

マネックス証券についてもっと詳しく



■DMM 株

おすすめポイント

・口座開設すると1ヶ月間取引手数料無料!

・口座開設すると抽選で2,000円キャッシュバック ※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名

・取引手数料の1%が「DMM株ポイント」として貯まる。貯めたポイントは現金に交換可能

・信用取引なら値がさ株でも超お得な手数料!売買金額300円以下なら手数料86円(税込)!300万円超なら無料!

DMM 株についてもっと詳しく



■松井証券

おすすめポイント

・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が10万円まで手数料が無料

・さらに、信用取引口座を開設すると、開設後6か月間は約定代金30万円までが手数料無料!

 

銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。

松井証券についてもっと詳しく


 

コーセーの株主優待と株価についてまとめ

 

ここまで、コーセーの株について株主優待を中心に紹介してきました。

コーセー株は1単元当たりの株価が高い「値がさ株」なので、一般の方が購入するにはなかなかハードルが高いかもしれません。

しかし、業績面で言えばここ数年増収増益を繰り返す優良企業です。

優待も配当も行っています。 

短期的には調整局面なので、株価を見極めて購入すれば株価が高い分値動きも大きいので、大きくプラスになる可能性もあると言えます。

資金に余裕のある方は、チャートをチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事