花王の株主優待はどんなもの!?今後の株価予想は?

花王株式会社は、日本の大手化学メーカーです。

 化粧品では資生堂に次いで国内2位、洗剤、トイレタリーでは国内1位のシェアを誇ります。両分野合わせると、そのシェアは世界でもTOP10に入ります。

 化粧品メーカーのカネボウ化粧品も花王の子会社です。

 創業は1887年(明治20年)にまで遡り、現在の花王株式会社の母体となる企業が設立されたのは1940年(昭和15年)です。株式市場には、1949516日に上場。

東京証券取引所第一部に上場していて、証券コードは「4452」です。

この記事では、花王の株について紹介していきます。

花王の株主優待について

花王株式会社は、現在株主優待を実施していません。

今後の株主優待の実施に期待しましょう。

花王の株価は今後どうなる?配当金はあるの?

 花王の株価は今後どうなるのか?結論から言うと、長期的には花王の株価は上がっていくと予想します。

まずは、花王のここ数年の業績から見ていきましょう。

 (単位:百万円)

決算期売上高営業益経常益最終益
2015.12 1,474,550167,318166,038 105,196
2016.12 1,457,610 185,571183,430 126,551
2017.121,489,421204,791204,290147,010
2018.12 1,508,007 207,703207,251 153,698
2019.12 1,580,000 225,000 225,000 162,000

 2015年以降だけみても、見事に右肩上がりです。2019年12月期においても、第三四半期まではしっかりと対前期比でプラスになっています

 花王の商品は、日本人であれば全ての人が何かしら使ったことがあるというくらい、身近にある物で生活に密着した商品が多いです。そして、各分野で確たる地位を築いている商品が数多くあります。

その証拠に花王は、あのリーマンショックで景気が落ち込んだ、2009年や2010年にも黒字、そして増配を達成しています。

同時期、国内トップ企業のトヨタをはじめ、数多くの日本を代表する企業は巨額の赤字を出していました。不況になると高価な贅沢品や嗜好品などは売れなくなりますが、花王の商品のような日常的に必要となる家庭用品はそれほど大きな影響は受けません。

不況時に強いというのが花王の特徴であり、これは今後も続いていくのではないかと考えます。投資の世界ではディフェンシブ銘柄と呼ばれていて、その安定した業績が花王株の魅力でしょう。

PER(株価収益率)は、20201月時点で約27倍、PBR(株価純資産倍率)は同じく約5.5倍です。

PERPBR共に市場平均よりは高い水準ですが、花王のような不況期にも強いディフェンシブ銘柄は投資家の評価が高くPERPBR共に高くなる傾向があります。

しかし、競合他社のライオンやユニ・チャームと比較するとまだPERは低く、これらの数値をみても上昇余地があると考えていいでしょう。

そして、花王の配当ですが、これは現在日本一の記録を持っています。それは、「29期連続増配」という日本最長記録です。

201912月期も増配見込みで、ほぼ確実にこの記録は更新されるでしょう。

気になる配当額ですが、201812月期は1株当たり年間120円(中間配当60円・期末配当60円)の配当でした。2019年12月期は1株当たり年間130円(中間配当65円・期末配当65円)の配当を予想しています。

花王の株価が上がる時や下がる時はどんなニュースが流れる時?

業績も好調で、不景気にも強い花王の様なディフェンシブ銘柄でも短期的には株価が上下します。決算発表や業績の上方・下方修正、自社株買いなどの、どの銘柄でも株価が大きく動くときは、花王も例外ではありません。

 それ以外では、主に以下の様な要因で株価が上下することが挙げられます。

・自社の新商品発表時:売上増加期待から株価が上がる場合があります。

・他社の新商品発表時:競争激化による売上減少懸念により株価が下がる場合があります。

・各地域の経済動向:花王は世界に展開していますが、特にアジア、中でも中国市場の比率が高く、経済指標発表時などに株価が動くことがあります。

 この他にも株価が上がったり下がったりする要因はいくつもありますが、代表的なものを紹介しました。

花王の株が買える証券会社はここ

 ここでは、花王の株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

☆おすすめ証券会社☆

■楽天証券
楽天証券

おすすめポイント

・トレードするだけで楽天ポイントがどんどん貯まる

・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!

・楽天会員なら30秒で口座開設完了

※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます

楽天証券についてもっと詳しく


 

■SBI証券

おすすめポイント

・ネット証券口座開設数NO.1

・「オリコン顧客満足度ランキング」で年連続13度目の1位を獲得!

・いつかIPO銘柄が当選するかも!?「IPOチャレンジポイント」

SBI証券についてもっと詳しく


■マネックス証券


おすすめポイント

投資初心者向けのサポートが充実!無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!

・IPOは完全平等抽選!IPO取扱数は主要ネット証券第2位なので当選のチャンスが広がります。

・NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料!

米国株取扱数は他社を引き離して圧倒的NO,1!米国株に投資をしたいならマネックス!
※取扱数は3000銘柄以上

マネックス証券についてもっと詳しく



■DMM 株

おすすめポイント

・口座開設すると1ヶ月間取引手数料無料!

・口座開設すると抽選で2,000円キャッシュバック ※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名

・取引手数料の1%が「DMM株ポイント」として貯まる。貯めたポイントは現金に交換可能

・信用取引なら値がさ株でも超お得な手数料!売買金額300円以下なら手数料86円(税込)!300万円超なら無料!

DMM 株についてもっと詳しく



■松井証券

おすすめポイント

・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が10万円まで手数料が無料

・さらに、信用取引口座を開設すると、開設後6か月間は約定代金30万円までが手数料無料!

 

銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。

松井証券についてもっと詳しく


花王の株主優待と株価についてまとめ

花王は現在株主優待を行っていないことは残念ですが、その代わりに株主還元策として配当を行っていて、連続増配日本一を続けています。業績も堅調に右肩上がりで、リーマンショックの時には他社が巨額の赤字を出す中でも黒字を保ち、増配まで成し遂げました。

一言で表せば、「優良企業」ということになるでしょう。

1単元当たりの株価が高い「値がさ株」ではありますが、資金に余裕がある方であれば長期投資前提で購入を検討する価値は十分にある銘柄です。

おすすめの記事