ランキングバナー

株式会社リビングプラットフォーム(7091)のIPO~初値予想と新規上場情報~

株式会社リビングプラットフォーム(7091)

新規上場承認された株式会社リビングプラットフォーム(7091)の詳細です。

マザーズ上場の中型案件(想定時価総額51.2億円、吸収金額11.2億円)です。

事業内容は「介護事業、保育事業、障がい者支援事業」。

テーマ的には特筆すべきものはありません。
同日にも似たような事業内容のミアヘルサ(7688)が上場しますし、
2月25日にはAHCグループ(7083)が上場します。

唯一のプラス材料は需給面です。
売出し枚数はミアヘルサの約1/2ということもあり、需給は締まっています。
初値の大幅な上昇は期待できませんが、公募価格割れはないと見ています。

ただし、直近の業績は芳しくありませんので要注意です。

直近2019年3月期の業績は売上高66億2800万円、経常利益2億3100万円、純利益1億5900万円となっています。
※2020年3月期は第三四半期までで、売上高55億9100万円、経常利益1億600万円、純利益6100万円の進捗です。

株式会社リビングプラットフォーム(7091)の基本情報

会社名 株式会社リビングプラットフォーム(7091)
ホームページURL http://www.living-platform.com/
上場市場 マザーズ
IPO抽選おすすめ証券会社 SBI証券

株式会社リビングプラットフォーム(7091)のIPOスケジュール

ブック・ビルディング期間(需要申告期間) 2月28日(金)~3月5日(木)
公開価格決定日 3月6日(金)
購入申込期間 3月9日(月)~3月12日(木)
上場日 3月17日(火)

株式会社リビングプラットフォーム(7091)のIPO価格と初値予想

想定価格 3,340円
仮条件 3,530円~3,900円
公募価格 3,900円
初値予想(独自) 4,000円~4,300円
初値 3,550円

株式会社リビングプラットフォーム(7091)のIPO当選枚数

公募株数 155,000株
売出株数(オーバーアロットメント含む) 179,600株
当選株数 334,600株
※単元数は100株なので、当たりは3,346枚

株式会社リビングプラットフォーム(7091)の大株主とロックアップ期間

氏名または名称 所有比率(%) ロックアップ期間
(株)HCA 59.26 90日
金子洋文(社長) 30.50 90日
大和PIパートナーズ(株) 4.26 90日
(有)ミロス 2.04 90日
77ニュービジネス投資事業有限責任組合 1.31 90日
ほくほくキャピタル(株) 0.26 90日
伊藤浩太郎 0.26 継続保有
小林伸也 0.26 継続保有
林隆祐 0.26 継続保有
井﨑義博 0.15 継続保有

株式会社リビングプラットフォーム(7091)の総合評価

成長性
話題性
割安性
総合評価

※総合評価は初値の上昇余地が基準です。

IPO(新規上場株・新規公開株)投資におすすめの証券会社はこれ

IPO当選を狙うなら違う証券会社にそれぞれ口座をつくるのが必須攻略法!

1位 SBI証券

IPOにかなり力を入れていて、IPO取扱い数は全証券会社の中でもNo,1!

2019年は新規上場86社中82社を取り扱っています。

さらに、抽選に外れるともらえる「IPOチャレンジポイント」は、貯めれば貯めただけIPOに当選しやすくなります。
IPO抽選に外れれば外れるほど当選する確率が高くなるのがとても嬉しい証券会社です。

おすすめポイント
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年は86社中82社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
ネット証券口座開設数NO,1!(480万口座)

・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


2位 SMBC日興証券

SMBC日興證券もIPOに力を入れていて、IPO取扱い数は全証券会社の中でもトップクラスです。

2019年は新規上場86社中61社を取り扱っています。

主幹事になることも多く、2019年は20社の主幹事を務めました。

主幹事には80%のIPO株が割り当てられるので、SMBC日興証券の口座を持っているだけで当選確率はかなり上がるでしょう。

預かり資産額によって当選確率が上がるステージ別抽選という制度がありますが、新規口座開設から3ヶ月間は資産が少なくても抽選確率が上がることが保証されています。

SMBC日興証券 オンライントレード

おすすめポイント
IPO取扱い銘柄数は全証券会社の中でもトップクラス!
 ※2019年は86社中61社を取扱い
口座開設から3ヶ月間はどなたでもステージ別抽選で当選確率アップ保証!
・信用取引手数料は無料!
株取引でdポイントが貯まる!dポイントで株を購入することもできる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 125円 250円 400円 800円 2000円
1日定額 - - - - -

※手数料は税抜き価格です

3位 楽天証券

楽天証券は以前はIPOに強い証券会社ではありませんでしたが、2018年以降IPOを強化してきています。

2019年の取扱い数は26社と、全体の30%まで伸ばしてきました。

楽天証券のメリットは何より取引をすると楽天ポイントを貯められること!
楽天会員であれば30秒で口座開設できるのもとても楽なので、口座開設しておきたい証券会社です。

楽天証券

おすすめポイント
年々IPO取扱件数が増加中!
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です


4位 マネックス証券

マネックス証券もIPOに力を入れていて、2019年の取扱い数は45社と全体の半分以上をマネックス証券から申込することができました

抽選は完全平等抽選で、取引実績や預け入れ資産、過去のIPO申込実績などに関係なく全ての人に平等で抽選が行われます。
SBI証券と共に、IPOを狙うなら口座開設しておきたい証券会社です。

おすすめポイント
IPO取扱い数はネット証券でもトップクラス!半分以上のIPOに申し込むことが出来ます
IPOの抽選は完全平等抽選取引実績に関係なく全ての人に平等に当選可能性あり
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です

おすすめの記事