【超初心者向け】明治ホールディングスの株主優待と今後の株価はどうなるの?

株式はじめ
明治製菓の株って買えるの?

にゃんこ先生
明治製菓という会社はもうないにゃ。明治ホールディングスになったにゃ

明治ホールディングス株式会社は、日本の大手食品メーカーです。医薬品の製造も行っています。

 2009年に明治製菓と明治乳業が経営統合して誕生しました。

2011年4月には明治製菓のフード&ヘルスケア事業を明治乳業へ継承し、食品事業が一体化した明治乳業は株式会社明治へと商号変更しました。

医薬品事業のみが残った明治製菓は、Meiji Seika ファルマ株式会社へ商号変更しました。

明治ホールディングスは現在、食品メーカーの明治、製薬会社のMeiji Seika ファルマを傘下に持つ持株会社です。

ちなみに、よく勘違いされますが、明治製菓と明治乳業は元々旧・明治製糖(現:大日本明治製糖)から派生した同門企業でしたが、厳密に言うと関連会社ではなく人的交流も盛んではありませんでした。

その2社が経営統合したのです。

現在東証1部に上場していて、証券コードは「2269」。

ここからは、明治ホールディングスの株について詳しく紹介していきます。

明治ホールディングスの株主優待と配当について

明治ホールディングス株式会社は株主優待を実施していて、権利確定日(権利付日)と優待内容は以下のようになっています。

明治ホールディングス株主優待内容

・権利確定月:3月末

・優待内容:自社グループ製品詰合せを贈呈

・優待対象者:

100株以上   2,000円相当

500株以上   3,500円相当

1,000株以上  5,000円相当

※発送日:10月末頃

※優待品の受取りに代えて同等品を福祉団体等へ寄贈することも選択可

 配当も行っていて、2019年3月期は1株あたり年間140円(中間配当65円・期末配当75円)の配当でした。

2020年3月期は1株あたり140円の年間配当(中間配当70円・期末配当70円)を予想しています。

明治ホールディングスの今後の株価はどうなるの?

ここでは、明治ホールディングスの株価が今後どうなっていくのか考えてみましょう。

 

まずは、明治ホールディングスのここ数年の業績です。

(単位:百万円)

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益
2016.03  1,223,746 77,781 81,826 62,580
2017.03  1,242,480 88,395 88,839 60,786
2018.03 1,240,860 94,673 95,877 61,278
2019.03 1,254,380 98,383 99,709 61,868
2020.03   1,309,000 108,000 109,000 67,500

       

20193月期は売上から経常益までが過去最高でした。

 業績推移を見ると順調に推移しているのが見て取れます。今後にも期待ができそうな感じですね。

海外売上高比率はまだまだ少なく、食品だけで見ると5%に達していません。

医薬品を入れても7%台です。

ただし、食品については中国市場を中心に売上の伸びは順調で、積極的に海外市場の開拓を行っているところで

2026年には全社的に海外売上高比率を20%まで伸長させる計画を立てています。

PER(株価収益率)は約16倍と、同業他社と比べても割高感はありません。

PBR(株価純資産倍率)も2倍程度で、同業他社と同水準で割高感は感じません。

国内市場は人口減少により確実に市場は縮小していきます。

それは、分野によってはトップシェアを持つ明治ホールディングスにとっても変わりはありません。

国内頼りではいずれ業績は落ち目になっていくでしょう。

となると、やはり海外進出がキーポイントになります。

幸いなことに、現在明治ホールディングスは海外に目を向けていて、絶対的な金額はまだまだ少ないですが、海外事業は順調に進捗しています。

計画通り2026年に海外売上高比率が20%に達するようであれば、長期的に株価は上昇していくのではないでしょうか。

明治ホールディングスの海外事業の進捗には要注目です。

明治ホールディングスの株を買うのに必要なものと最低資金は?

明治ホールディングス株式会社の株を購入するために最低限必要なものは、以下の2つになります。

 

・株の取引口座

・購入資金

まずは証券口座を開設して、明治ホールディングスの株を購入するために必要な資金を入金しましょう。

株価は日々変動しますが、2020年4月17日(金)時点の終値で計算すると最低必要資金は以下になります。

 

2020417日(金)の終値

7,710

単元株数は100株なので、最低購入金額は771,000円ということです。

入金が完了すると、証券会社の取引画面から明治ホールディングスの株を購入することができます。

明治ホールディングス株の基本情報

■企業名:明治ホールディングス株式会社

■証券コード:2269

■上場市場:東京証券取引所第一部

明治ホールディングスの株を買うのにおすすめの証券会社

ここでは、明治ホールディングスの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(480万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

明治ホールディングスの株主優待と今後の株価まとめ

明治ホールディングスは、日本国内においては複数分野でトップシェアを持つ企業であり、業績も好調でいわゆる「優良企業」と呼ばれる会社です。

株主優待も配当もしっかりと行っているので、単元あたりの株価が少し高いというのはネックかもしれませんが、投資初心者でも手を出しやすい銘柄でしょう。

短期的な業績はおそらく問題ありません。

中長期的目線で見ると、やはり海外進出がどれだけ成功するかということが株価にも影響するでしょう。

 

まずは、計画通り2026年に海外売上高比率20%を達成できるかどうか。

それまでの進捗が順調であれば、株価も上昇していくことが考えられます。

 

明治ホールディングス株に投資を考えているのであれば、今後のIRを随時チェックしておきましょう。

おすすめの記事