【超初心者向け】不二家の株はお得?株主優待と今後の展望は?

株式はじめ
ぺこちゃんのほっぺはいつ食べても美味しい

にゃんこ先生
不二家は株も安定にゃ

株式会社不二家は、「カントリーマアム」や「ミルキー」に代表されるお菓子やケーキなどの洋菓子を製造・販売している食品メーカーです。

 

イメージキャラクターの「ペコちゃん」は、おそらく日本人であれば誰でも知っているキャラクターではないでしょうか。

 

2007年に消費期限切れ原材料使用問題があって経営が傾き、山崎製パンと資本業務提携を行いました。

そして、翌2008年に山崎製パンの子会社となりました。

 

創業は1910年、藤井林右衛門が横浜に洋菓子店・不二家を開店したことから始まります。

同年12月には、日本初のクリスマスケーキを発売しました。

 

設立は1938年で、この年に株式会社化。

1950年にはマスコットキャラクターの「ペコちゃん」を制定。(翌年にはポコちゃんも制定)

株式市場には、19626月に東証2部、大証2部、名証2部に上場。その後、19652月に東証1部、大証1部、名証1部に指定替えとなりました。

現在は東証1部に上場しており、証券コードは「2211」です。ここからは、不二家の株について詳しく紹介していきます。

不二家の株主優待と配当について

株式会社不二家は株主優待を実施していて、権利確定日(権利付日)と優待内容は以下のようになっています。

不二家株主優待内容

・権利確定月:12月末

・優待内容:自社店舗での下記金額相当の自社製品・喫茶・料理の優待券(500円券)

・優待対象者:

100株以上   6枚(3,000円分)

500株以上   8枚(年間4,000円分)

1000株以上 12枚(年間6,000円分)

ちなみに配当も行っていて、2019年12月期は1株あたり年間15円(期末配当15円)の配当でした。2020年12月期は1株あたり年間15円の配当(期末配当15円)を予想しています

不二家の株主総会のお土産について

不二家の株主総会に出席すると、毎年お土産をもらうことができます。

 内容は自社製品の詰め合わせとなっており、2020325日に開催された株主総会のお土産は以下の内容でした。

不二家の株主総会のお土産

・やわらかピュアミルキー袋80g(賞味期限202011月)

・厳選素材カントリーマアム贅沢バニラ16枚(賞味期限202010月)

・プレミアムミルキーバターサンド3種類(賞味期限202051日)

・ミルキーチョコレート12粒(賞味期限202012月)

・ネクターこだわり白桃(賞味期限20201028日)

不二家の株が下落するのはこんな時

不二家の株価はここ10年間を見ても、基本的には2000円前後のボックス相場です。

株価の動きとしては、2011年は東日本大震災の影響もあり大きく下げましたが、1年半程度で定位置の2000円に戻りました

その後、2016年の年末までは2000円前後の株価で推移、2017年~2018年にかけてはレンジを上げて株価2500円前後で推移しました。

2019年に入ると株価はまた定位置の2000円まで戻り、コロナショック前には少し高めの2200円程度の株価でした。

コロナショックで大きく株価を下げましたが、すぐに2000円まで戻しています。株価が上がっているのも、下がっているのも不二家の場合は基本的に業績に左右されています。

201612月期以降の業績を見てみると、

(単位:百万円)

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株利益 1株配当
2016.12  104,400 2,514 2,677 1,295 50.3   1
2017.12  105,915 1,128 1,460 16,285  631.8  15
2018.12  105,241 2,415 2,745 1,370   53.2 15
2019.12  103,347 1,837 2,346 1,207   46.8  15
2020.12 103,900 2,200 2,500 1,250  48.5  15

株価が上がっている時期と業績が見事にリンクしています。 

201712月期は本社ビルの売却で最終益が過去最高に、201612月期と201812月期は営業益が好調でした。

不二家は現在製菓事業は好調ですが、洋菓子事業やレストラン事業は不採算店の撤退などを行っています。

2007年には消費期限切れの原料を使用していたことが発覚して経営が傾き、山崎製パンの支援の元に経営再建をしてきました。

現在はかなり落ち着いてきましたが、コンビニの台頭などにより洋菓子が苦戦。

まだまだ経営基盤がしっかりとしていません。

業績推移を見ても分かるとおり、売上利益が年によって大きく上下しており、成長軌道にはまだまだ乗っていません。

2007年以降は経営再建に注力しており、派手な動きや目立ったニュースも特にありませんでした。

これが成長段階のベンチャーや、新商品を次々ヒットさせるような企業であればまた違った株価の動きをするのかもしれませんが、現在のところ不二家の株価は業績に合わせて上下している印象です。

この状況を脱却するには、山崎製パンとのアライアンスでまずは経営基盤を安定化させ、その後積極的に打って出る策が必要でしょう。

不二家の株が買える証券会社について

 ここでは、不二家の株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(480万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

不二家の株はお得なのか?まとめ

 

不二家の株について紹介してきました。

 不二家はまだ経営再建途中とも言える企業ですが、ここしばらく利益は出してきていて配当も株主優待も行っています。

特に、株主優待は100株でも3000円分の優待券をもらうことが出来るので、不二家の商品を好きな方は優待目的で保有しておくのもいいでしょう。

まだまだ株価が大きく上がるイメージはありませんが、これからも利益を出していくという前提で、配当・優待目的で保有するのはありだと思います。

株価が一定の水準をキープしているというのも、買って損をしない目安が分かるという点では投資初心者でも判断しやすい基準があって良いのではないでしょうか。

おすすめの記事