2020年株の初心者が読んでおいた方が良い雑誌ランキング

株の初心者が読んでおいた方が良い雑誌ランキング

個人投資家にとって情報はとても重要です。特に株取引を始めたばかりの初心者は勉強も兼ねて色々な情報に触れるようにした方がいいでしょう。

株雑誌は株初心者が様々な情報に触れて、知識を深めるための1つの手段です。ここでは、株初心者が読んでおいた方がいい雑誌をランキング形式で紹介します。

1位:ダイヤモンド・Zai(ザイ)

ダイヤモンド社が発行する投資初心者向けの投資情報誌です。毎月21日発売。株の専門家による推奨銘柄が豊富で、投資信託に関する情報も豊富。中身もイラストや図解が多く見やすいです。株初心者がまずは手に取るべき雑誌です。

2位:日経マネー

日経BP社が発行する投資初心者向けの投資情報誌です。毎月21日発売。株の専門家による銘柄情報や投資情報が豊富。株式以外の投資についての内容も豊富で、投資を総合的に知りたい人には魅力的です。ダイヤモンド・ザイと合わせて読みたい雑誌です。

株雑誌を読み放題で読む方法

上記2つの雑誌ですがdマガジンと楽天マガジンで読み放題で読むことができます。楽天マガジンは楽天ポイントが貯まったり、楽天ポイントでの支払いも可能です。

楽天マガジン(定額制雑誌読み放題サービス)

サービス名:楽天マガジン

楽天マガジンおススメポイント

・今日から31日間お試し0円

・楽天スーパーポイントが貯まる
・楽天スーパーポイントで支払える

・PCでも!アプリでも!雑誌が読める

株の初心者が雑誌を株に活用する方法

ここでは、株初心者がどのように株雑誌を活用した方がいいのかについて書きます。

株雑誌にはとても多くの情報が載っています。

推奨銘柄も数多く載っていて、株価がいくらまで上がるとか書いてありますが、そのほとんどの情報は古いかもしくはそんなに当てにならないと思っていてください。

株取引は毎日行われていますが、雑誌の紙面はしばらく前には完成しています。ということは、雑誌が発行された時点では古い情報になっているのです。

しかし、株雑誌の情報でも株初心者にとって有効的に使えるものもあります。

1つは、利益を出している人の投資方法です。

どの様な考えで、どういう銘柄に投資をすることにしているのか、どの様なルールをもとに取引をしているのか、株投資で儲けている人のやり方はとても参考になります。

2つ目は銘柄情報です。

目標株価など当てになりませんが、雑誌に取り上げられるからにはそれなりの理由があります。

何かの理由で株価が大きく動いたり、何かのテーマに当てはまる銘柄であるということです。

投資家にとってどの銘柄に投資をするのか、その銘柄探しはとても時間がかかるものです。何千社もの上場企業から銘柄を選ぶということは、すぐにできることではありません。

株雑誌にはそのヒントが掲載されているのです。どのような企業なのか、どの様なチャートで推移しているのかなど、雑誌の情報を鵜呑みにしないで、対象銘柄の情報は自分で調べなければなりませんが、銘柄選びの時間短縮が可能なのです。

以上の2点だけでも雑誌は投資活動にかなり活用できますので役立ててください。

 

株の投資家がチェックしてるマネー雑誌はこれ

ここでは、これまでに挙げたもの以外で、株式投資をしている投資家がチェックしているマネー雑誌を紹介します。

・会社四季報

これは雑誌ではありませんが、株式投資をする上では欠かせない本です。

東洋経済新報社が発行するこの四季報は創刊1936年と長い歴史を誇ります。

この一冊で全上場企業のあらゆるデータが網羅されていて、プロの投資家で読んだことがないという人はいないでしょう。

投資のバイブルとまで言われる本です。四半期に1回発行されます。

・株主手帳

1952年創刊の老舗株雑誌です。

出版社は青潮出版。毎月17日発売です。

「ダイヤモンドZai」や「日経マネー」に比べると内容や取り上げられる銘柄がマニアックになっていて、個人投資家はもちろん、機関投資家も愛読していると言われる雑誌です。

 


・投資手帖

個人投資家を対象にしたこの本は、着実な運用を目指す投資家に向けた特集で知られます。企業側から発信される情報を個人投資家に分かりやすく伝えています。

出版は日本株式新聞社。毎月20日発売です。

・日経ビジネス

日本におけるビジネス誌の代表格。

ビジネスの最前線で起こっている事象をタイムリーに伝えています。

企業情報や投資関連の情報も充実。総合力の高い雑誌です。

出版は日経BP社。毎週月曜日発売です。

 

・週刊ダイヤモンド

こちらもビジネス誌の代表格です。

この雑誌を読むだけで、世の中の経済情勢やトレンドなどを毎週把握することができます。

世の中の流れを読むことが重要視される「中長期投資」をしている人は読んでおいた方がいい雑誌です。出版はダイヤモンド社。毎週月曜日発売です。

 

・週刊東洋経済

明治時代に「東洋経済新報」として創刊された経済誌の老舗です。

こちらもタイムリーに世の中の出来事を伝えていて、中長期投資をしている人に役に立つ情報が満載です。出版は東洋経済新報社。毎週月曜発売です。

株の初心者が読んでおいた方が良い雑誌ランキングまとめ

 

ここまで株の初心者が読んでおいた方が良いと思う雑誌を紹介してきました。

株投資をする上では、世の中で現在起きていることを知り、これから起きるであろうことを予測することで、どの銘柄の株価がどのように動くかを予測することが大事です。

そのためにはできるだけの情報を集めておくことが必要です。

そのために役に立つのが、数多く出版されている株情報誌や経済情報誌、会社四季報などの書籍です。

最終的には集めた情報を用いて自分で分析することも必要ですが、精度とスピードを高めるために上手に雑誌や四季報を使ってみるといいでしょう。

おすすめの記事