ランキングバナー

株式はじめ
最近隠れた優良企業探しにハマってるんだ

にゃんこ先生
やっと株式投資の醍醐味が分かってきたかにゃ。じゃあ、ひとつ教えるにゃ

株式会社SCREENホールディングスは、半導体・液晶製造装置・印刷関連機器などの産業用機器を製造するグループの持株会社です。

一般の方には馴染みがあまりないかもしれませんが、半導体(IC, LSI等)を形成する金属製薄板(シリコンウエハ)の洗浄装置や、液晶テレビ、パソコンの液晶ディスプレイ製造用の大型ガラス基板対応装置、また印刷版出力装置(CTP)では世界シェア首位の会社です。

海外売上高比率は約8割に及び、グローバルに顧客を持つ企業です。

東京証券取引所1部に上場していて、証券コードは「7735」。

ここからは、株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスの株について詳しく紹介していきます。

スクリーンの株価の今後の予想は?

まずは、株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスの株価が今後どうなっていくのかについて考えてみましょう。

株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスは、半導体を製造するのに必要な装置で世界シェア1位です。

今後、次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)の普及に加え、昨今のテレワークの増加によるサーバー関連需要の高まりにより、今後ますます半導体の需要は増えていきます。

この点については、株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスの株価にとってプラス材料です。

下記は過去の業績推移です。

(単位:百万円)

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株利益 1株配当
2017.03 300,233 33,731 32,019 24,168 512.0 87
2018.03 339,368 42,725 41,329 28,507 608.6 110
2019.03  364,234 29,645 29,279 18,059 387.1 97
2020.03 323,249 12,561 11,636 5,010 107.4 30
2021.03  316,000    18,000 15,000 11,000 235.7  60

過去最高益だった20183月期に比べると、直近はかなり減益となっています。

20213月期は新型コロナウィルスの影響で不透明な部分もありますが、前期を上回る予想となっています。

過去10年間のチャートも確認してみましょう。

 

しばらくレンジ相場でしたが、2016年くらいから株価は上昇をはじめ2018年に株価は1万円の大台を突破しました。

その直後から調整が入り、2019年はおおむね株価は上昇、そしてコロナショックでまた株価は下がっています。

コロナショック後の回復相場では、落ち着いた株価の動きになっています 

すぐに株価が大きく上昇するとは考えづらいですが、今後の半導体需要の伸びと、2021年以降の世界的なコロナウィルス蔓延の収束を加味すれば、中期的に株価は8,000円程度まではすぐに戻すのではないかと考えています。

長期的にみれば10,000円を超えてきてもおかしくはありません

スクリーンの株価が下落するのはどんな時

ここでは、株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスの株価が下落するのはどんな時か考えて見ましょう。

業績の下方修正や不祥事の発覚などは当たり前なので、どのようなニュースが影響を与えるかということに焦点を当ててみます。

・主要国の政治・経済不安

SCREEN(スクリーン)ホールディングスの取引先のほとんどは海外です。

そのため、海外情勢がそのまま業績に直結することもあります。

特に最近でいうと、米中貿易摩擦の影響で中国企業との取引への影響が気になるところです。

・為替が円高に振れる

⇒円高になれば輸出企業にとっては不利になります。

SCREEN(スクリーン)ホールディングスの海外売上高比率を考えると、もし仮に大きく円高になるようなことがあれば、業績はもちろん株価にも大きな影響を与えることが考えられます。

スクリーンの株の買い方は?

ここでは、スクリーンの株の買い方と売り方について、株式投資初心者にも分かりやすく説明します。

スクリーン株の買い方

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

2、銘柄検索で「SCREEN」「スクリン」「7735」などで検索。

3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。※信用買いの場合は、「制度信用」もしくは「一般信用」を選びます。

4、買いたい株数を入力。

5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

 

スクリーン株の売り方

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

2、銘柄検索で「SCREEN」「スクリン」「7735」などで検索。

3、現物で買っている場合は「現物売」、信用で買っている場合は「信用返済売」を選択。

4、売りたい株数を入力。

5、売りたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている買い注文の一番高い金額で売る場合は「成行」にチェックを入れる。

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

証券会社によって多少表記される文言が違う場合はありますが、上記の手順で株の売買をすることができます。

スクリーンの株が買える証券会社はこちら

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(500万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

LINE証券

LINE証券口座開設

おすすめポイント
いつも使っているLINEアプリで株取引ができる!
LINEポイントで株を買える
1株単位からの少額投資ができる!数百円から投資ができる!
・現物株の買付手数料が無料
・口座開設は最短3分で完了!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
× × ×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
買い 0円 0円 0円 0円 0円
売り 176円 484円 484円 869円 1661円

※手数料は税込み価格です

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

ここでは、株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

スクリーンの株の購入の仕方まとめ

株式会社SCREEN(スクリーン)ホールディングスは、日本の半導体関連企業に多い、「一般の人にはあまり知られていないが世界トップシェアの製品を持つ」企業です。

今後の世界的な半導体需要を考えれば、購入を検討するに値する銘柄の一つでしょう。

 株価がレンジ相場で動いているうちに、中長期前提で保有するのがいいかもしれません。もし株価が大きく下がるようなことがあれば、そこではできるだけ買いたい銘柄です。

興味が湧いたという方は、是非今後の会社側のニュースリリースには注意を払っておいてください。

おすすめの記事