ランキングバナー

株式はじめ
スーパーバリューって近くにある?

にゃんこ先生
前埼玉にいたときにはよく魚もらいに行ってたにゃ

株式会社スーパーバリューは、埼玉県を中心に首都圏においてホームセンターとスーパーマーケットが融合した店舗を運営している企業です。

設立は1996年で、埼玉県を中心に家具店を展開している株式会社大川(現・大川ホールディングス)の子会社、株式会社大川ホームセンターとしてスタートしました。

2001年に大川が株式を売却したことに伴い子会社から関連会社へ移行し、2005年3月に社名を現在のスーパーバリューに変更しました。

株式市場には、2008年2月15日にジャスダック証券取引所(現東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場。証券コードは「3094」です。

ここからは、スーパーバリューの株について詳しく紹介していきます。

スーパーバリューの今後の株価予想

スーパーバリュー今後どうなる?

ここでは、スーパーバリューの株価が今後どうなっていくのか考えてみましょう。

まずスーパーバリューの直近の業績ですが、2019年2月期・2020年2月期と二期連続で大幅な赤字となっています。
2021年2月期は、新型コロナウィルスの影響による外出自粛で巣ごもり需要が発生しており、大幅な黒字予想となっています
これはスーパーバリューだけではなく、他のホームセンターやスーパーマーケットを展開する企業も同様に業績を伸ばしています。

それに伴い、直近は株価も大きく伸ばしてきています。
しばらく500円~600円程度の株価でしたが、2021年3月期の上方修正後に株価は1200円程度まで上昇しました。

では、新型コロナウィルスの影響が落ち着いた後はどうなるのか、ここが一番のポイントになると思います。

ここ最近の業績不振の原因はいくつかありますが、人件費の高騰や物流費の高騰、原価の上昇などが原因です。
これらはすぐに解消されるというものではありません。

また、ホームセンター業界は現在再編が進んでおり、新潟県を本拠とするアークランドサカモトがLIXILビバを傘下に収め、DCMホールディングスが島忠を傘下に収めようとしています。
今後さらに競争は激化していくでしょう。

このまま何もせずにいれば業界の中では小規模のスーパーバリューは厳しい戦いを強いられそうです。
そうなれば、現在上昇している株価も元の水準に戻っていくでしょう。

ただ、現在のホームセンター業界を見ると、首都圏に地盤を持つスーパーバリューが放っておかれるとは考えにくい部分もあります。

M&Aが起こるとしたら、スーパーバリューは規模的におそらくされる側になると考えられます。
そうなれば、TOB(株式公開買付)ということになり、株価の上昇に期待が持てます。
それに期待して、ある程度株価が落ち着いたところで中期~長期投資を前提に保有するのも一つの手ではあるでしょう

スーパーバリューの株主優待と配当について

株主と配当は?画像

株式会社スーパーバリューは株主優待を実施しておりません

配当は行っていて、2020年2月期は1株あたり年間5円(期末配当のみ)の配当でした。
2021年2月期は1株当たり年間5円(期末配当のみ)の配当を予想しています。

スーパーバリューの株の購入の仕方

ここでは、スーパーバリューの株の買い方と売り方について、株式投資初心者にも分かりやすく説明します。

スーパーバリュー株の買い方
1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。
2、銘柄検索で「スーパーバリュー」「3094」などで検索。
3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。※信用買いの場合は、「制度信用」もしくは「一般信用」を選びます。
4、買いたい株数を入力。
5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。
6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)
7、「注文」ボタンを押せば注文完了。
8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

スーパーバリュー株の売り方
1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。
2、銘柄検索で「スーパーバリュー」「3094」などで検索。
3、現物で買っている場合は「現物売」、信用で買っている場合は「信用返済売」を選択。
4、売りたい株数を入力。
5、売りたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている買い注文の一番高い金額で売る場合は「成行」にチェックを入れる。
6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)
7、「注文」ボタンを押せば注文完了。
8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

証券会社によって多少表記される文言が違う場合はありますが、上記の手順で株の売買をすることができます

スーパーバリューの株が買える証券会社

ここでは、スーパーバリューの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(500万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

LINE証券

LINE証券口座開設

おすすめポイント
いつも使っているLINEアプリで株取引ができる!
LINEポイントで株を買える
1株単位からの少額投資ができる!数百円から投資ができる!
・現物株の買付手数料が無料
・口座開設は最短3分で完了!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
× × ×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
買い 0円 0円 0円 0円 0円
売り 176円 484円 484円 869円 1661円

※手数料は税込み価格です

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

スーパーバリューの株の購入の仕方と株主優待についてまとめ

ここまでスーパーバリューの株について紹介してきました。

ここ最近激動の業界再編が始まっているホームセンター業界に位置する企業です。

しばらく業績においては苦しんでいましたが、直近は新型コロナウィルスの影響による巣ごもり需要の発生で業績は回復しています。

私見ではありますが、スーパーバリューがこのまま業界再編の蚊帳の外に置かれるとは考えづらいと思っています。

首都圏に地盤を持つスーパーバリューは、他社から見ても魅力的な企業のはずです。
近い将来、業界上位とのM&Aというのも大いにあり得ることだと思います。

株主優待や業績を考えると決して買いやすいとは言えない銘柄ではありますが、将来的な大きな動きに期待してみるのも投資の一つの方法としてはありでしょう。

おすすめの記事