ランキングバナー

株式はじめ
ヤオコーっていつも混んでるね

にゃんこ先生
株価も右肩あがりにゃ

株式会社ヤオコーは関東地方にスーパーマーケットチェーンを展開する企業です。

 創業の地である埼玉県を中心に、関東地方16県に店舗展開をしています。商品等の鮮度維持等を重視して、国道16号線付近での店舗展開を中心に行なっています。

1890年(明治23年)、埼玉県比企郡小川町に青果商「八百幸商店」を創業したのが始まりです。

1957年(昭和32年)に有限会社化し、1968年(昭和43年)に株式会社に改組しました。

そして、1974年(昭和49年)に株式会社ヤオコーに社名変更しています。

株式市場には、1988年(昭和63年)に株式を店頭公開。

1993年(平成5年) には東証2部に上場し、1997年(平成9年)に東証1部に指定替えとなりました。

証券コードは「8279」です。

ここからは、ヤオコーの株について詳しく紹介していきます。

ヤオコーの今後の株価予想

 ここでは、ヤオコーの株価が今後どうなっていくのかを考えてみましょう。

株価に一番影響を与える業績ですが、ヤオコーの業績は絶好調です。

2020年3月期まで31期連続増収増益で、過去最高業績を更新し続けています。

20213月期も新型コロナウィルスの影響による巣ごもり需要や内食需要が発生しているので、ほぼ間違いなく記録を更新してくるでしょう。

過去10年の株価の推移を見ると、以下の様になっています。

2015年までおおむね右肩上がりで推移し、一旦ピークを付けてから調整が入り、2018年に再び上昇。

そして再度調整が入り、2020年に高値を付けています。

長期的に見れば株価は上昇してきていますが、短期的に見ると再度調整をしそうな株価チャートです。

2019年までを見ると4000円~6000円のレンジだった株価が、今後は6000円~8000円あたりのレンジで推移していくのかどうかというのがポイントとなるでしょう。

もしそうであれば、6000円くらいが買い場ということになります。

業績を見ると株価レンジの上昇は大いに可能性がありますが、ある程度調整が入ったところで見極めることが重要でしょう。

ヤオコーの株主優待と配当について

株式会社ヤオコーは株主優待を実施していて、権利確定日(権利付日)と優待内容は以下のようになっています。

ヤオコー株主優待内容

・権利確定月:3月末・9月末

・優待内容:以下のいずれかを選択

①買物優待券(100)

②自社製品(ミネラルウォーター550ml ペットボトル24)

・優待対象者:

100株以上  ①10

200株以上  ①20枚   ②1ケース

1,000株以上 ①50枚   ②2ケース

2,000株以上 ①100枚   ②4ケース

株式会社ヤオコーは配当も行っていて、2020年3月期は1株あたり年間65円(中間配当30円・期末配当35円)の配当でした。

20213月期は1株あたり年間65円(中間配当32.5円・期末配当32.5円)の配当を予想しています

ヤオコーの株の購入の仕方

 

ここでは、ヤオコーの株の買い方と売り方について、株式投資初心者にも分かりやすく説明します。

ヤオコーの株の買い方

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

2、銘柄検索で「ヤオコー」「8279」などで検索。

3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。※信用買いの場合は、「制度信用」もしくは「一般信用」を選びます。

4、買いたい株数を入力。

5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

ヤオコーの株の売り方

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

2、銘柄検索で「ヤオコー」「8279」などで検索。

3、現物で買っている場合は「現物売」、信用で買っている場合は「信用返済売」を選択。

4、売りたい株数を入力。

5、売りたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている買い注文の一番高い金額で売る場合は「成行」にチェックを入れる。

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

証券会社によって多少表記される文言が違う場合はありますが、上記の手順で株の売買をすることができます。

ヤオコーの株が買える証券会社

ここでは、ヤオコーの株を購入するために、当サイトがおすすめするネット証券会社を紹介します。

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(500万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

LINE証券

LINE証券口座開設

おすすめポイント
いつも使っているLINEアプリで株取引ができる!
LINEポイントで株を買える
1株単位からの少額投資ができる!数百円から投資ができる!
・現物株の買付手数料が無料
・口座開設は最短3分で完了!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
× × ×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
買い 0円 0円 0円 0円 0円
売り 176円 484円 484円 869円 1661円

※手数料は税込み価格です

※同一日に同一注文で複数の約定となった場合は、約定代金を合算し手数料を計算します。

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

ヤオコーの株の購入の仕方と株主優待についてまとめ

 ヤオコーは業績絶好調のスーパーマーケットチェーンです。

株主優待も配当も行っているので、値がさ株ではありますが株式投資初心者でも気持ち的には手を出しやすい銘柄だといえます。

特に、株主優待では割引券も選択できるので、よくヤオコーを利用するという関東在住の方にはお得感もあります。 

業績に伴い中長期的には株価も上昇しているので、このまま上昇傾向であれば株式分割の期待も持てます。

同業の中では高利益体質で資金的にも余裕があります。

2017年に神奈川県地盤の同業であるエイヴイをM&Aしたように、今後も同業を買収する可能性もあります。

保有を検討する価値のある銘柄であることは間違いないでしょう。

おすすめの記事