☆日本初!手数料無料の株取引アプリ☆

↓ここからすぐにインストール↓

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMの詳細はこちら

株の初心者の為のANAの株の買い方

ANAの株を購入するのに必要な最低の資金はいくら?

 

現在日本の航空業界で売上高トップを誇る全日本空輸(ANA)。

配当も株主優待も実施しており、投資家にとっての優良株の一つといえます。

では、ANAの株を購入するためには最低どのくらいの資金が必要なのでしょうか。

 

全日空株は2019年7月18日時点で、

 

年初来高値:4,173円(19/02/26)

年初来安値:3,513円(19/06/26)

 

上記の年初来高値・安値となっており、4,000円前後で推移しています。

 

本記事を更新している2019年7月18日の終値は3,582円でした。

最低買わなくてはいけない株数は100株ですので、最低購入金額は以下の様に計算します。

 

3,582円×100株=358,200円

 

2019年7月18日の終値で計算すると、ANA株を購入するのに必要な最低資金は「358,200円」ということになります。

 

ANAの株を購入するならここの証券会社がおすすめ

 

ANAは東証一部に上場する大型株ですので、どの証券会社を使っていても購入することができます。

ですが、口座開設もしやすく、取引ツールも充実しているネット証券がおすすめです。

さらに、ネット証券の一番いいところは

手数料の安さ

です。

会社によって多少の違いはありますが、対面型の証券会社と比べるとその差は歴然です

ネット証券にも何社かありますが、ここでは筆者おすすめのネット証券会社を紹介します。

☆おすすめ証券会社☆

■楽天証券
楽天証券

おすすめポイント

・トレードするだけで楽天ポイントがどんどん貯まる

・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!

・楽天会員なら30秒で口座開設完了

※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます

楽天証券についてもっと詳しく


 

■SBI証券

おすすめポイント

・ネット証券口座開設数NO.1

・「オリコン顧客満足度ランキング」で3年連続11度目の1位を獲得!

・いつかは必ずIPO銘柄が当選する「IPOチャレンジポイント」

SBI証券についてもっと詳しく


■マネックス証券


おすすめポイント

投資初心者向けのサポートが充実!無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!

・IPOは完全平等抽選!IPO取扱数は主要ネット証券第2位なので当選のチャンスが広がります。

・NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料!

米国株取扱数は他社を引き離して圧倒的NO,1!米国株に投資をしたいならマネックス!
※取扱数は3000銘柄以上

マネックス証券についてもっと詳しく



■DMM 株

おすすめポイント

・口座開設すると1ヶ月間取引手数料無料!

・口座開設すると抽選で2,000円キャッシュバック ※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名

・取引手数料の1%が「DMM株ポイント」として貯まる。貯めたポイントは現金に交換可能

・信用取引なら値がさ株でも超お得な手数料!売買金額300円以下なら手数料86円(税込)!300万円超なら無料!

DMM 株についてもっと詳しく



■松井証券

おすすめポイント

・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が10万円まで手数料が無料

・さらに、信用取引口座を開設すると、開設後6か月間は約定代金30万円までが手数料無料!

 

銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。

松井証券についてもっと詳しく



■株ドットコム証券

おすすめポイント

1株から取引できるプチ株

毎月100円から積み立て投資が可能!

 


ANAの株を購入するのに必要なもの

ここではANAの株を購入するために必要なものについて説明します。

結論から言うと、必要なものは多くありません。

  • 証券口座
  • 購入資金

この2つがあればANA株を購入することができます。

証券口座をまだ開設していない方は、まずはネット証券で口座を開設しましょう。

 

口座が開設されたら、

  1. 証券口座にログイン
  2. 購入資金を証券口座に入金
  3. 取引画面で「全日空」「ANA」「9202」などで検索
  4. 「現物買い」か「信用買い」を選択して購入

以上で購入完了となり、あなたはANAホールディングスの株主となります。

 

ANAの株主優待について

ANAの株といえば株主優待と言われるくらい、株主優待が人気の銘柄です。

航空運賃が割引になる株主優待券をもらうことができ、提携ホテルやパッケージツアーなどが割引になるサービスもあります。

 

特に航空運賃が割引になる株主優待番号ご案内書は無記名方式のため、家族が友人が使うこともできますし、金券ショップに売ることもできるのでとてもおトクです

それでは、ANAの株主優待とは具体的にはどのようなものなのか、詳細は下記をご覧ください。

 

■全日本空輸(ANA)株主優待内容

権利確定月:3月末・9月末

※3月末と9月末に権利書に名前が記載されていることが条件です

余裕をみて1週間前には購入をすませましょう

①株主優待番号ご案内書

ANA国内線の片道1区間が「株主優待割引運賃」で利用できます

100株以上・・・1枚

200株以上・・・2枚

300株以上・・・3枚

400株以上・・・4枚 + 400株超過分200株毎に1枚

1,000株以上・・・7枚 + 1,000株超過分400株毎に1枚

100,000株以上・・・254枚 + 10万株超過分800株毎に1枚

有効期間:

<3月末>6月1日~翌年5月31日

<9月末>12月1日~翌年11月30日

②ANAグループ各社・提携ホテル優待券

100株以上・・・1冊

③ANA株主様カレンダー

100株以上・・・1部

④株主様限定機体工場見学会のお申し込み

100株以上・・・株主様専用サイトにてお申し込み。お申し込み多数の場合は抽選。

ANAの株の配当について

 

ここでは、ANA株の配当について説明します。

ANAは現在配当を実施しています。※2019年7月時点

配当金というのは、企業に収益がでていれば持っている株価に応じて売らなくてもお金で還元されます。

直近3年の配当は以下の通りとなっています。

・2018年(平成30年)3月期:配当額60円 配当性向14.4% ※1単元100株

・2019年(平成31年)3月期:配当額75円 配当性向22.7% ※1単元100株

・2020年(令和2年)3月期(会社予想):配当額75円   ※1単元100株

 

2019年3月期には1株当たり75円の配当でしたので、1単元100株持っていれば配当金は

「7,500円(税引前)」

でした。

優待がもらえる上に配当金ももらえるので、投資家にとってANA株は優良銘柄と言っていいでしょう。

 

ANAの株主優待は大黒屋などの金券ショップで売れるの?

 

ANAの株主優待で一番魅力的なものは、国内線の片道運賃が割引になる

「株主優待番号ご案内書」

でしょう。

 

これは株主用の座席に空席があればいつでも利用することができ、急な予約の変更にも対応してくれます。

所定の金額を追加すればプレミアムクラスに変更することも可能と、融通も利きます。

 

ANAの株主優待は無記名方式なので、本人以外でも使用可能です。

家族や友人が使っても問題ありません。

 

要は誰でも使えるものなので、もしあなたが現金に換えたいのであれば、大黒屋などの金券ショップに売りにいっても喜んで買い取ってくれます。

配当で現金をもらえて、株主優待も現金に換えることができるなんて、ANAの株主になることはとてもお得なのです。

 

株の初心者の為のANAの株の買い方まとめ

 

ここまで株の初心者のためにANAの株の買い方や、株主優待、配当について説明してきました。

もしあなたがANAをよく利用するのであれば、ANAの株を持っているだけで恩恵を受けることができます。

ANAを利用しない方でも、株主優待と配当を実施していて、株主優待も現金化できるANA株は一度ポートフォリオに組み込むかどうか検討してもいい銘柄だと思います。

ANA株について知っていただくためにお役に立てたなら嬉しいかぎりです。

おすすめの記事