☆日本初!手数料無料の株取引アプリ☆

↓ここからすぐにインストール↓

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMの詳細はこちら

株の初心者の為のlineの株の買い方

株式はじめ
lineの株を買ってみたいんだけどどうすればいいの?

にゃんこ先生
lineは人気企業にゃん!買い方を説明するにゃ

今やみんなが連絡を取り合うときに使う、コミュニケーションツールのスタンダードでもあるLINE。
国内では月間7800万人以上(※2018年9月末時点)が利用しています。
運営会社であるLINE株式会社は、東証1部とニューヨーク証券取引所に上場していて、一般の投資家でもLINEの株を購入することができます。

ここでは、LINEの株の買い方について説明していきます。

lineの株を購入するのに必要なものは?

LINEの株を購入するために必要なものとは何なのでしょうか?
実は必要なものはそんなに多くありません。

・株の取引口座
・購入資金

この2つだけあれば、LINEの株を購入することができます。

証券口座を持っていない方は、下記のおすすめ証券会社から口座を開設してください。

lineの株を買うのにおすすめ証券会社

☆おすすめ証券会社☆

■楽天証券
楽天証券

おすすめポイント

・トレードするだけで楽天ポイントがどんどん貯まる

・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!

・楽天会員なら30秒で口座開設完了

※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます

楽天証券についてもっと詳しく


 

■SBI証券

おすすめポイント

・ネット証券口座開設数NO.1

・「オリコン顧客満足度ランキング」で3年連続11度目の1位を獲得!

・いつかは必ずIPO銘柄が当選する「IPOチャレンジポイント」

SBI証券についてもっと詳しく


■マネックス証券


おすすめポイント

投資初心者向けのサポートが充実!無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!

・IPOは完全平等抽選!IPO取扱数は主要ネット証券第2位なので当選のチャンスが広がります。

・NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料!

米国株取扱数は他社を引き離して圧倒的NO,1!米国株に投資をしたいならマネックス!
※取扱数は3000銘柄以上

マネックス証券についてもっと詳しく



■DMM 株

おすすめポイント

・口座開設すると1ヶ月間取引手数料無料!

・口座開設すると抽選で2,000円キャッシュバック ※毎月の口座開設完了者の中から、抽選で10名

・取引手数料の1%が「DMM株ポイント」として貯まる。貯めたポイントは現金に交換可能

・信用取引なら値がさ株でも超お得な手数料!売買金額300円以下なら手数料86円(税込)!300万円超なら無料!

DMM 株についてもっと詳しく



■松井証券

おすすめポイント

・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が10万円まで手数料が無料

・さらに、信用取引口座を開設すると、開設後6か月間は約定代金30万円までが手数料無料!

 

銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。

松井証券についてもっと詳しく



■株ドットコム証券

おすすめポイント

1株から取引できるプチ株

毎月100円から積み立て投資が可能!

 


証券口座を開設後、購入資金を入金すればすぐにLINEの株を購入することが可能です。

LINE株の基本情報は以下になります。

■企業名:LINE株式会社
■銘柄コード:3938
■上場市場:東京証券取引所第一部、ニューヨーク証券取引所

lineの株を購入するのに必要な金額は?

それでは、LINEの株はいくらで購入することができるのでしょうか?

2018年11月16日(金)時点の終値は下記になります。

・3,180円

単元株数は100株となりますので、最低購入金額は318,000円ということになります。

LINEの株価チャートは下記から確認することができます。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/3938:JP

※株価は日々変動します。購入前にはその時点での株価を確認してください。

lineの株主優待はどんなものがあるの?

LINEの株を保有すると、受けられる株主優待はあるのでしょうか?

残念ながら現在LINEの株に株主優待はありません。

今後、株主優待が新設されるのを期待して待ちましょう。

ただし、2017年12月期には定時株主総会招集通知で100株以上保有している株主の中で希望者全員に、

AIスピーカー「Clova Friends」を株主優待としてプレゼントする

という発表がありました。

2018年12月期も同様に、何かしらの株主優待が設定される可能性はあります。

lineの今後の株価はあがるのか?

投資家としては、LINEの株価が今後上がっていくのかどうかということが気になると思います。

LINEは現在主に

日本、タイ、台湾、インドネシアの4か国で一定規模のユーザーを

囲うことができており、その4か国の総アクティブユーザーは2018年12月期第三四半期の時点で

1億6500万人

となっています。

しかし、ユーザー数の増加は頭打ちの傾向にあり、現在LINEは囲い込んでいるユーザーに対して新規サービスを展開することに重点を置いています。

以前から展開しているゲームやマンガ、広告などは現在頭打ち状態になっています。

そのため、デリバリーサービスやLINEショッピングなどの新規サービスを開始したりしていますが、その中でも注目は

「LINE Pay」をはじめとする金融サービス

でしょう。

2018年10月からは

LINE上で保険に加入できる「LINEほけん」

というサービスも始めました。

一番の注目株である「LINE Pay」では、QRコード決済などにも対応し、2018年内に100万箇所への導入に向けて順調に進捗しています。

世界的にキャッシュレスが叫ばれている中で、LINEが日本の人口の6割近いアクティブユーザーを抱えているということはこの市場でのアドバンテージだと言えます。

ただし、

QRコード決済は2018年8月から手数料が3年間無料

など、現在は市場シェアの拡大に注力している段階で、すぐに業績には結び付かないと思われます。

この1年~2年でシェアを押さえることができれば、「LINE経済圏」が出来上がり、業績にも反映されるようになるでしょう。

現在の先行投資がうまくいけば、将来の株価が今の2倍以上になっている可能性は十分にあります。

とはいえ、中長期保有を前提でLINEの株を購入するのであれば、今すぐにLINEの株を買うというよりは、もう少し「LINE Pay」の進捗を見てからでも遅くはないと思います。

株の初心者の為のlineの株の買い方まとめ

ここまでLINEの株の買い方について説明してきました。

LINEは今や日本人のコミュニケーションに欠かせないツールとなっています。
その圧倒的なアクティブユーザーの数は、プラットフォームとして今後新サービスを投入するのに大きなアドバンテージになります。

特に決済事業は今後大きな成長を見込まれる市場ですので、ここでシェアを取ることができるかどうかがLINEの将来を左右すると言っても過言ではありません。

直近は決済事業以外にも赤字を厭わず先行投資をしているので、今後しばらくは進捗を見守りたいところです。

おすすめの記事