【超初心者向け】スマホで株投資を始める方法

 

株式はじめ
株をやるならスマホで手軽に値動きを見たいな

 

にゃんこ先生
最近はスマホで売買ができるにゃ

かつて株取引は証券会社の窓口や電話での注文で行うものでした。

 

インターネットが普及し、

 

ネット証券(オンライン証券)が一般的

 

になるにつれて、パソコンでの取引が一般的になりました。

 

そして、現在はスマートフォンが普及し、いつも持ち歩く携帯電話でパソコンと同じような操作性で、尚且つ手軽に株取引ができるようになりました。

 

ここからは、スマートフォンで取引ができるおすすめの証券会社やスマホでの株取引のやり方について解説します。

初心者に使いやすいスマホで売買できるネット証券ランキング

ネット証券各社のスマートフォン向けの株取引アプリはどんどん進化を続けています。

 

PCと比べても遜色のない操作性、何より手軽に取引ができ、欲しい情報を入手したいときの情報収集ツールとしても優れています。

機能や使い勝手は証券会社によって多少違いはありますが、ほとんど変わりはありません。どうしても迷ったら、手数料やポイント、IPOの取扱数などで選ぶといいでしょう。

ここでは、おすすめのスマホで株の売買ができるネット証券会社をランキング形式で紹介します。

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(480万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

スマホで口座開設するのに必要なもの

スマートフォンからでも証券会社の口座開設申込をすることができます。

 

スマートフォンから証券口座の開設申込する際には、以下のものが必要になります。

 

■本人確認書類

 

 

・運転免許証

 

・健康保険証

 

・住民票の写し

 

・印鑑登録証明書

 

・パスポート

 

・マイナンバーカード など

 

■マイナンバー確認書類

 

 

・マイナンバーカード

 

・マイナンバー通知カード

 

ほとんどの証券会社では、本人確認書類をスマホで撮影してアップロードするだけで、口座開設申込をすることができるのでとても簡単です。

 

現在は証券口座の開設にはマイナンバーの登録が必要です。

 

マイナンバーカードをお持ちであればそれだけで口座開設ができる証券会社がとても多いのです。

 

(一部証券会社では、本人確認書類にマインバーカードを使用しても別途マイナンバーの登録が必要になる場合があります)

ネット証券にお金を入金する方法

 

証券口座の開設が完了したら、株を買うための資金を入金しましょう。

 

入金する方法は主に2つあります。

1、通常振込入金

口座開設が完了すると専用の振込用口座が用意されます。

 

その口座へ銀行振込をすることができます。

 

2、インターネット入金

証券会社の提携先金融機関のネットバンキングに契約をしていれば、インターネットからすぐに振込をすることができます。

 

インターネット入金の場合は振込手数料が無料になる証券会社が多く、スマートフォンからでもすぐに入金することができるのでおすすめです。

 

スマホで株を買うやり方

ここでは、証券会社のスマートフォンアプリで株を買うやり方を説明します。

 

スマホでの株の買い方

 

1、お使いの証券会社のアプリを起動させる

 

2、ログインIDとパスワードを入力してログインします

 

3、銘柄検索で銘柄名もしくは銘柄コードを入力して検索

 

4、買いたい銘柄が表示されたら取引画面に遷移

 

5、「現物買」もしくは「信用新規」を選択

 

6、買いたい株数を入力して、成行注文もしくは金額を入力して指値で注文するかを選ぶ

 

7、その他の必要項目を選択もしくは入力して注文内容の確認をする

 

8、内容に問題が無ければ取引パスワードを入力して注文

 

9、成行注文ならすぐに、指値注文なら株価が指定した金額になれば注文成立

 

証券会社によって多少記載されている文言などは違っても、上記の流れで株を買うことができます。

 

※信用取引をするには信用取引口座の開設が必要です

スマホで株を売るやり方

ここでは、証券会社のスマートフォンアプリで株を売るやり方を説明します。

 

スマホでの株の売り方

 

1、お使いの証券会社のアプリを起動させる

 

2、ログインIDとパスワードを入力してログインします

 

3、銘柄検索で銘柄名もしくは銘柄コードを入力して検索

 

4、売りたい銘柄が表示されたら取引画面に遷移

 

5、「現物売」もしくは「信用返済」を選択

 

6、売りたい株数を入力して、成行注文もしくは金額を入力して指値で注文するかを選ぶ

 

7、その他の必要項目を選択もしくは入力して注文内容の確認をする

 

8、内容に問題が無ければ取引パスワードを入力して注文

 

9、成行注文ならすぐに、指値注文なら株価が指定した金額になれば注文成立

 

 

証券会社によって多少記載されている文言などは違っても、上記の流れで株を売ることができます。

 

※信用取引をするには信用取引口座の開設が必要です。

【超初心者向け】スマホではじめる株投資まとめ

 

この記事では、株の超初心者向けにスマホでの株投資の始め方について解説してきました。

 

スマートフォンが普及し始めてから各証券会社は取引アプリを充実させてきていて、スマートフォンさえあれば快適に株取引ができるようになりました。

 

機能面ではまだPCの方が充実している面もありますが、専業トレーダーでもない限りすべての機能を使用することはありません。

 

一般の個人投資家であれば、手軽に株取引ができる取引アプリがあれば十分ではないでしょうか。

 

これから口座開設される方や、口座開設はしていてもまだ取引アプリを利用されていない方は、是非アプリをインストールして快適な投資生活を手に入れてください。

おすすめの記事