【超初心者向け】日本郵政の株の買い方はこれ

 

株式はじめ
郵便局の株も買えるの?

 

にゃんこ先生
もちろんにゃ!株の買い方を紹介するにゃ

日本郵政グループの持ち株会社であり、子会社に日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険などを持つ

 

「日本郵政株式会社」。

 

ここでは、超初心者向けに

 

2015年に東証一部に上場した日本郵政株式会社の株の買い方

 

について解説していきます。

日本郵政の株を買うのに必要なものはこれ

日本郵政の株を購入するために最低限必要なものは、以下の2つになります。

 

日本郵政の株を購入するために最低限必要なもの

 

  • 株の取引口座
  • 購入資金

まずは証券口座を開設して、日本郵政株を購入するために必要な資金を入金してください。

 

その後、証券会社の取引ツールから株を購入すれば、あなたは日本郵政株式会社の株主となります。

 

日本郵政株の基本情報

 

■企業名:日本郵政株式会社

 

■銘柄コード:6178

 

■上場市場:東京証券取引所第一部

 

日本郵政の株を買うのに初心者のおすすめ証券会社はここ

日本郵政の株を購入するために、当サイトがおすすめする証券会社を紹介します。まだ証券口座をお持ちでない方は、下記リンクから口座開設をしてください。

 

SBI証券

おすすめポイント
ネット証券口座開設数NO,1!(480万口座)
・「オリコン顧客満足度ランキング」で5年連続13度目の1位を獲得!
IPO取扱い銘柄数全証券会社中NO,1!
 ※2019年3月期全95社中90社を取扱い
・いつかはIPOが当選するかも?「IPOチャレンジポイント」
・Tポイントを使って投資信託を購入できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 762円 1562円

※手数料は税抜き価格です


松井証券

松井証券

おすすめポイント
・現物取引でも信用取引でも、1日の合計約定代金が50万円まで手数料が無料!
・デイトレーダー向けの「一日信用取引」なら手数料が完全無料!
・取扱い投資信託は全て購入時手数料無料!
・銘柄検索をするのに超便利!さまざまな情報ツールが無料で使える。
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと - - - - -
1日定額 0円 0円 0円 1000円 3000円

※手数料は税抜き価格です


楽天証券

楽天証券

おすすめポイント
取引するだけで楽天ポイントがどんどん貯まる!
・貯めた楽天ポイントで現金を使わずに投資信託に投資ができる!
・楽天会員なら30秒で口座開設完了!
 ※楽天会員でない方も2分程度で口座開設できます
・株式取引で人気の高いツール「マーケットスピード」を無料で利用可能
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 90円 250円 250円 487円 921円
1日定額 0円 0円 0円 858円 3000円

※手数料は税抜き価格です

マネックス証券

おすすめポイント
投資初心者向けサポートNO,1!※無料のオンラインセミナーは年間約200本開催!
米国株取り扱い数は圧倒的NO,1!※取扱数は3000銘柄以上
NISA口座での国内株式の売買手数料は実質0円!外国株式の買付手数料も実質無料
・信用取引デビュー応援!
 信用取引口座開設後、31日間の信用取引での株式売買手数料を全額キャッシュバック!(最大10万円まで)
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 100円 250円 450円 1000円 3000円
1日定額 2500円 2500円 2500円 2500円 2500円

※手数料は税抜き価格です


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

おすすめポイント
2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位!
株取引最大100万円まで手数料無料!※現物50万円+信用取引50万円
・IPO申込時の事前入金が不要!
・ネット証券の手数料で総合証券である岡三証券専属アナリストの情報を入手できる!
IPO NISA 投資信託 単元未満株 外国株 夜間取引
×
手数料 10万 30万 50万 100万 300万
売買ごと 99円 200円 350円 600円 1500円
1日定額 0円 0円 0円 800円 1800円

※手数料は税抜き価格です

日本郵政の株を買うのに必要な購入費用は?

それでは、日本郵政の株はどのくらい資金があれば購入することができるのでしょうか?

 

2019年1月7日(月)時点の終値は下記になります。

 

・1,286円

 

単元株数は100株となりますので、最低購入金額は128,600円ということになります。

 

日本郵政の株の株主優待について

 

残念ながら現在日本郵政は株主優待を実施していません。

 

今後の株主優待制度導入に期待しましょう。

 

配当は行っており、2019年3月期は1株当たり年間50円の配当予想となっています。(中間配当25円・期末配当25円)

 

2018年3月期は、中間配当25円・期末配当32円(特別配当7円を含む)の年間合計57円の配当でした。(いずれも1株当たりの配当金額)

 

2018年3月期の配当性向は50.5%、2019年3月期の配当性向(予想)は53.2%にも及び、株主優待は実施されておりませんが株主への利益還元には熱心な企業だといえます。

日本郵政の株の買い方と売り方

ここでは、日本郵政株の買い方と売り方について分かりやすく説明します。

 

日本郵政の株の買い方

 

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

 

2、銘柄検索で「日本郵政」「6178」などで検索。

 

3、「現物買」もしくは「信用新規買」を選択。※信用買いの場合は、「制度信用」もしくは「一般信用」を選びます。

 

4、買いたい株数を入力。

 

5、買いたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている売り注文の一番低い金額で買う場合は「成行」にチェックを入れる。

 

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

 

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

 

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

 

日本郵政の株の売り方

 

1、証券会社の株式取引ツール(管理画面)にログイン。

 

2、銘柄検索で「日本郵政」「6178」などで検索。

 

3、現物で買っている場合は「現物売」、信用で買っている場合は「信用返済売」を選択。

 

4、売りたい株数を入力。

 

5、売りたい金額を指定したい場合は「指値」にチェックを入れて金額を入力。その時に出ている買い注文の一番高い金額で売る場合は「成行」にチェックを入れる。

 

6、期間を「当日中」もしくは指定したい場合は指定して入力。(証券会社によって指定できる期間は多少変わります)

 

7、「注文」ボタンを押せば注文完了。

 

8、「成行注文」の場合はすぐに約定。「指値注文」の場合は株価が指定した金額になれば約定となります。

 

証券会社によって多少表記される文言が違う場合はありますが、上記の手順で株の売買をすることができます。

【超初心者向け】日本郵政の株の買い方はこれまとめ

ここまで、株の超初心者でも分かりやすいように日本郵政株の買い方について説明してきました。

 

日本郵政は郵便事業のみならず、子会社に上場金融事業会社などを持つ超巨大企業です。

 

民営化される前は日本郵政公社だったこともあり、現在も財務大臣が過半数を超える大株主となっています。(いずれは3分の1強まで売却を進める)

 

そのため現在は株主への利益還元に力を入れていて、配当については2021年3月期末までの間は1株当たり年間配当50円以上を目安としており、現在は配当性向50%を超える、投資家にとってはしっかりとインカムゲインを得られる優良銘柄となっています。

 

インカムゲイン重視の方は、一度ポートフォリオに組み込むことを検討されてはいかがでしょうか。

おすすめの記事