SMBC日興証券

IPOと信用取引に強みのある証券会社

SMBC日興証券は、野村證券・大和証券と共に日本3大証券会社の一角に数えられる証券会社です。

総合証券会社でありながら、インターネット取引専門のダイレクトコースを選べば手数料はネット専業証券会社並みの安さです。

そして、なんと信用取引の手数料はどれだけ取引しても無料と、ネット専業証券会社でもなかなか無い手数料体系になっています。

さらに、SMBC日興証券の最大の特長はIPOに強いことでしょう。
IPOの取扱数は平均で7割を超えており、SMBCグループの強みなのか主幹事になることも多い証券会社です。

IPOの参加機会も多くなるので、IPOの当選を目指すなら口座開設しておくべき証券会社です。

SMBC日興証券の手数料は?

■オンライン取引専用の「ダイレクトコース」で信用取引手数料が無料!

1回の約定代金 売買手数料 信用取引手数料
~10万円 125円 無料
~20万円 180円
~30万円 250円
~50万円 400円
~100万円 800円
~200万円 1,500円
~300万円 2,000円
~500万円 3,000円
~1,000万円 4,500円
~2,000万円 9,000円
~3,000万円 15,000円
~5,000万円 25,000円
5000万円超

 

■現物取引手数料を無料にする裏ワザ「現引き」

現引きとは、信用取引の決済方法の一つで、信用取引で買い建てた株を自分の現金で買い取って現物株にすることを言います。
SMBC日興証券は、現物取引をすると手数料が最低125円~かかります。しかし、ダイレクトコースの信用取引手数料は無料です。

そして、現引きの手数料も無料です。
信用取引で買い建てをしたすぐ後に現引きをすれば、売買にかかるコストを無くすことができるのです。
ただし、信用取引の金利は掛かります。とはいえ、10万円の株で1日当たり7円程ですので、かなりお得な取引になることはお分かりいただけるでしょう。

SMBC日興証券のNISA口座

現在NISA(少額投資非課税制度)口座には、「NISA(一般NISA)」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がありますが、SMBC日興証券ではすべてのNISA口座の取り扱いがあります。

■NISA口座でもIPOに参加可能
SMBC日興証券の強みであるIPO(新規公開株)にNISA口座でも参加可能。
勝率9割のIPOを非課税で取引できます。

金額指定で株を購入できる「キンカブ」

SMBC日興証券には「キンカブ」というサービスがあります。

これは、東京証券取引所に上場している銘柄のうち、SMBC日興証券が定める銘柄を対象に、「金額」もしくは「株数」を指定して100円から株式投資ができるサービスです。

100円単位で取引が出来るので、お小遣いでちょっとだけ株を買ってみたいというような株式取引初心者にも嬉しいサービスです!

dポイント投資ができる「日興フロッギー」

日興フロッギーは、投資に役立つ記事が配信されているサイトです。

そして、その特徴は、記事から株が買えるという新しいタイプの投資サービスなのです。
100円から金額を指定して株を買うことが出来るのですが、なんとdポイントで株を買えるようになりました

さらに、特定の記事を読むとdポイントがもらえるので、株の知識もdポイントも同時に手に入れることができます!

投資を学びながらdポイント投資が出来る日興フロッギーは、SMBC日興証券の口座を持っていればいつでも使うことが出来ます。

日興フロッギーについての詳しい説明はこちら

SMBC日興証券のその他のサービス

■ダイレクトコース限定!「AI株式ポートフォリオ診断」
「AI株式ポートフォリオ診断」は、AIが個人投資家のリスク許容度を踏まえて、効率的な運用が期待できるポートフォリオを提案してくれる日本初のサービスです。
投資したい銘柄と投資金額を入力すると、そのデータを基に、AIが相性の良い銘柄を選択して効率的なポートフォリオの提案をしてくれます。
自分の投資スタイルを確立したい、自分ではどの銘柄を選べば良いのかよく分からないという方にはとても役立つサービスです。

■様々なキャンペーン
SMBC日興証券では毎月様々なキャンペーンを行っています。
その時々によってキャンペーン内容は変わりますが、SMBC日興証券ユーザーにとってとてもお得な内容になっています。